北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道南で混乱続く 断水502戸、公立学校185校が休校【函館】

停電の復旧が進む地域と街灯以外は真っ暗な西部地区(豊川町、元町、青柳町、大森町など)=7日午後6時50分ごろ

 6日午前3時8分ごろ、胆振地方中東部を震源地とし、函館市で震度5弱を観測した北海道胆振東部地震に伴う影響で、道などによると、7日午後4時時点で道南では函館市で7人がけがをしたほか、道立函館美術館など一部の建物に被害が出た。停電は一部で復旧したものの、完全復旧には至っていない。公立学校は、7日も185校で休校し、502戸で断水が続いている。

 けが人は6日に函館市で判明した7人で、廊下のドアに頭をぶつけて左耳上から出血した亀田本町の62歳女性ら。

 地震の影響で、同美術館館では展示室天井の化粧ボードが一部剥離した。同館は10月4日まで休館中で人的被害はなく、修繕方法を検討中。函館聾学校では、校舎の外壁にひびが入った。

 公立学校は、渡島の全166校で休校。桧山は半数の19校が休校。断水は函館市で496戸、上ノ国町で6戸。函館市内は電力の復旧などで前日から約50戸減少したが、マンションの高層階を中心に影響が続く。

 市は6日に続き、7日も元町配水場や南茅部支所など市内4カ所に応急給水所を設置。市によると、6日は4カ所で500ミリリットル入りのペットボトルで4万本に相当する2万リットルの水を配給したという。

 函館市が7日に市役所で開いた第3回災害対策本部会議で、工藤寿樹市長は「電力の復旧で安心した地域と、(復旧が)いつになるか分からない地域が混在している。高齢者を中心に各地域に応じた万全な対応をとってほしい」と各部署に指示を与えた。

 7日午後7時現在、渡島・桧山管内のすべての市町村で、電力が復旧した地域があるものの、完全復旧にはまだ遠い。北海道電力函館支店によると、「具体的な地域名や戸数は示せない」としている。

 同支店によると、6日に復旧した市内2カ所の変電所に加え、複数の変電所が復旧。「病院や官公庁、自治体庁舎などの重要施設を優先して送電する」としている。

 函館市、北斗市が情報収集した結果、一部で復旧が判明した地域は次の通り。

 ▽函館市(7日午前10時現在)=海岸町、若松町、東雲町、宝来町、本町、松川町、五稜郭町、堀川町、吉川町、中島町、弁天町、元町、弥生町、駒場町、広野町、湯川町、深堀町、川原町、日吉町、神山町、高松町、川汲町、安浦町、桔梗町、古川町、石崎町、豊原町、大川町、追分町、美原町、富岡町、港町、鍛冶2、中道2、石川町、昭和

 ▽北斗市(7日午後5時現在)=七重浜、追分(七重浜支所周辺、追分2除く)、久根別、東浜、中央、中野通、谷好・富川~茂辺地・石別の国道228号沿い▽清水川、東前、新函館北斗駅周辺の市渡、本町(総合分庁舎は停電)

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...