北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

17人死亡、安否不明8人 厚真町土砂崩れ懸命の捜索続く-胆振東部地震

厚真町吉野の土砂崩れ現場。自衛隊員らが安否不明者の捜索活動を続けた=7日午後

 6日未明の胆振東部地震で大規模な土砂崩れが発生した厚真町で自衛隊や警察などは8日も、吉野地区や幌内地区などで安否不明となっている住民の捜索活動を続けた。町災害対策本部によると、8日正午現在で死亡が確認されたのは17人。この他、11人が心肺停止状態で見つかり、8人の安否が分かっていない。

 町災害対策本部によると、自衛隊による捜索活動は7日から8にかけても夜通し続けられた。

 吉野地区では数カ所の土砂崩れ現場に自衛隊員や胆振東部消防組合など数百人規模の捜索隊員の他、災害救助犬も投入し、懸命に捜索活動を進めた。

 大量の土砂に覆い尽くされた現場では、複数の重機が懸命に救助作業を展開。深く掘り進んでようやく住宅の一部が見えるような状態の現場もあった。土砂の中から家の柱や断熱材、窓ガラスの破片、壊れた屋根の一部などが見え、生活のすべてが失われた状況をうかがわせた。

 現場の周辺で行方不明者の親族らが祈るように救出作業を見守り、安否不明者の親戚という女性は目に涙を浮かべながら「生きてはいないと思うけど、ただ見つかってほしい」と話した。

 陸自第7特科連隊長の川口貴浩1等陸佐は「昨日は約800人体制で捜索した。大量の土砂とがれきが民家を押し流している状況だが、救助に全力で取り組みたい」と話した。

土砂崩れ現場で自衛隊や警察、消防などが連携し捜索=8日午前

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

室蘭民報

市連町が宮古訪れ仮設トイレ設営体験【室蘭】

 室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、118町内会・自治会)は10日、岩手県などが主催する岩手県総合防災訓練に参加し、市町連で生かすための参考にしていた。  訓練は震度6弱を観測する地震が発生...