北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

17人死亡、安否不明8人 厚真町土砂崩れ懸命の捜索続く-胆振東部地震

厚真町吉野の土砂崩れ現場。自衛隊員らが安否不明者の捜索活動を続けた=7日午後

 6日未明の胆振東部地震で大規模な土砂崩れが発生した厚真町で自衛隊や警察などは8日も、吉野地区や幌内地区などで安否不明となっている住民の捜索活動を続けた。町災害対策本部によると、8日正午現在で死亡が確認されたのは17人。この他、11人が心肺停止状態で見つかり、8人の安否が分かっていない。

 町災害対策本部によると、自衛隊による捜索活動は7日から8にかけても夜通し続けられた。

 吉野地区では数カ所の土砂崩れ現場に自衛隊員や胆振東部消防組合など数百人規模の捜索隊員の他、災害救助犬も投入し、懸命に捜索活動を進めた。

 大量の土砂に覆い尽くされた現場では、複数の重機が懸命に救助作業を展開。深く掘り進んでようやく住宅の一部が見えるような状態の現場もあった。土砂の中から家の柱や断熱材、窓ガラスの破片、壊れた屋根の一部などが見え、生活のすべてが失われた状況をうかがわせた。

 現場の周辺で行方不明者の親族らが祈るように救出作業を見守り、安否不明者の親戚という女性は目に涙を浮かべながら「生きてはいないと思うけど、ただ見つかってほしい」と話した。

 陸自第7特科連隊長の川口貴浩1等陸佐は「昨日は約800人体制で捜索した。大量の土砂とがれきが民家を押し流している状況だが、救助に全力で取り組みたい」と話した。

土砂崩れ現場で自衛隊や警察、消防などが連携し捜索=8日午前

関連記事

苫小牧民報

「民族の歴史伝えたい」 舞台「アイヌ旺征露」英公演

 仙台市を拠点に、英劇作家のシェークスピア作品を東北弁で上演する劇団「シェイクスピア・カンパニー」が8月、ロンドンの老舗舞台、タラ劇場で「アイヌ旺征露(オセロ)」を上演する。この公演でただ一人、...

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...