北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳、国際線が再開 国内線の9割運航回復

運航が始まった国際線では出発ロビーに旅客がごった返した=8日午前8時20分ごろ

 胆振東部地震の影響を受けていた新千歳空港は8日午前、国際線の運航を開始した。国土交通省新千歳空港事務所によると出発と到着の合計で91便を運航する予定で、出発ロビーは多くの旅客でごった返した。国内線は約9割の便が運航予定で、航空機の運航状況は回復に向かう見通しだ。

 国際線ターミナルビルは飲食店や物販店など一部を除き、午前6時に開放。バンコクから乗客・乗員120人を乗せて飛び立ったタイエアアジア便Xが9時15分ごろに到着し、運航が再開した。3階の出発ロビーは旅客が長蛇の列を作り、搭乗手続きを待っていた。

 国内線は「9割方運航は元に戻っている」(同事務所)。航空各社によるとANAは出発と到着の合計で140便、JALは92便を運航する予定だ。

 同事務所によると同日の欠航便は、午前9時現在で出発と到着の合計で36便。このうち国内線は35便、国際線は1便。

 空港ビルでは7日から8日にかけて約1200人が空港に滞留した。管理会社の新千歳空港ターミナルビルディングは、午後8時から毛布を配布するなどして対応。空港ビルは地震当日の6日は水漏れなどで終日閉鎖され、7日は国内線の運航再開により出発・到着ロビーが供用され、旅客で混雑していた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...