北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

電力、水道復旧で安堵 JR特急は9日再開

 北海道胆振東部地震が発生した6日以降、道南で続いていた停電と断水は8日までに完全復旧した。JRは9日から函館―札幌間の特急列車を再開する予定で、日常の生活が戻りつつあり、住民からは喜びと安堵(あんど)の声が広がる一方、食品の品薄状態が続いているスーパーでは一部商品の入荷が見通せない状況で、混乱はしばらく続きそうだ。  北海道電力函館支店によると、7日午後11時までに道南全域で通電。停電の復旧を受け、各自治体は避難所を8日までに閉鎖し、災害対策本部を廃止した。  JR北海道によると、函館線は9日の始発から一部列車を除いて通常通りの運行を予定。特急は函館午前10時48分発札幌行きのスーパー北斗9号と、臨時特急ニセコ号1往復の計3本が運休する。  道などによると、函館市の旧4町村60戸と上ノ国町の6戸で続いていた断水は、8日正午までに解消。復旧に伴い、函館市が南茅部支所で行っていた給水活動も終了した。  函館市港町2の市営住宅は、地震発生直後から停電と断水が続いていたが、7日午後6時ごろに全面復旧した。6階建ての3階に住む男性(70)は「昨日は風呂に入ってぐっすり眠れた」とほっとした様子だった。  七飯町大中山の主婦、加藤あやさん(37)は「テレビが入らない分、ずっとツイッターで七飯の情報を得ていた。地元の人の書き込みを見て食べ物を調達したり、ガソリンを入れたりできたので助かった。やっと日常が戻ってくると思うとうれしい。節電を心掛けたい」と話した。  一方、函館、近郊でスーパーを展開する道南ラルズの担当者は「食肉の加工工場が停止している影響で、肉類の入荷が厳しい状況。日配品は10日以降入荷する予定だが、完全に元に戻るのはいつになるか分からない」と話している。(山田大輔、稲船優香)

関連記事

日高報知新聞

信用部門の譲渡を採択【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長、正組合員350人)の第71回通常総会が17日、町公民館で開かれた。来年1月12日を譲渡日に、貯金や貸付業務の信用部門を北海道信用農業協同組合連合会(北海道信連)...

日高報知新聞

ホッカイドウ競馬開幕【日高】

【日高】ホッカイドウ競馬「グランシャリオナイター」が17日、門別競馬場で開幕した。今年も11月7日まで80日間全日程を同競馬場でナイター開催する。  気温も高く快晴の好天に恵まれたこの日午後2時、開門と...

十勝毎日新聞

十勝の可能性知る新授業 道外出身者に魅力伝える【帯広】

 帯広畜産大学(奥田潔学長)で17日、新たな講義として「とかち学~十勝のキーマンから学ぶ~」が始まった。大学がある十勝の特色について、学外の行政や地域団体関係者、民間企業経営者らを講師に理解を...

十勝毎日新聞

岩松小の思い出語ろう 解体控え「お別れ会」 5月6日【新得】

 岩松小学校の閉校後、地域の集会場として活用してきた岩松福祉館(町屈足)が、老朽化の影響で今年度中に解体されることが決まった。同校卒業生が5月6日午前10時から、同所で「旧岩松小学校お別れ会」の開...

十勝毎日新聞

起業に加え商品開発も とかち財団、支援拡充【帯広】

 とかち財団(帯広市、長澤秀行理事長)は今年度、創業・起業、事業創発の促進を目的に、「十勝ビジネス支援プロジェクト2019」を展開する。昨年度から実施している3事業に加えて、新規事業として「十...