北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道南の官公庁や商業施設、節電に協力【函館】

節電のため、一部を除いてテレビの電源を切ったテーオーデパート1階のサンシャワー広場

 6日に発生した北海道胆振東部地震で、政府が道内の家庭や企業に20%の節電を要請したことを受け、道南の官公庁や商業施設、病院などは10日、節電の取り組み内容を決め、実行に入った。函館市電も節電ダイヤに移行。どの事業所も市民サービスに影響が出ない範囲で、可能な限り協力する考えだ。

 函館市総務部によると、本庁舎1階の市民ホールの水銀灯を一部消灯、中央エレベーターの運行を4基から2基に減らすほか、執務室や廊下のこまめな消灯・間引き、本庁舎の夜間ライトアップの自粛、職員用パソコンの電源をこまめに切るなどを決め、当面の間実施する。また、各部局にも所管施設の節電を呼び掛け、きめ細やかな管理を求めている。

 市競輪事業部は、函館競輪場本場の建物について2階以上を閉鎖し、車券発売端末の縮小や空調の停止など対応に乗り出した。

 また、渡島総合振興局も庁舎内の照明を間引き、空調を停止した。桧山振興局は江差町内のスーパー2カ所で街頭啓発を行った。

 市は市民、企業向けにもホームページやANSINメールを使い、節電に関し広報している。市総務部は「電力需給の状況を見極めた上で、元に戻すタイミングを考える。計画停電になった場合は、東日本大震災発生時と同様に、数値目標の設定も検討する」としている。

 市企業局交通部は10日から、市電の運行本数を減らす節電対策を始めた。平日午前9時~午後4時の間、運行間隔を1~2分空け、通常よりも1日当たり計8本の運行を減らす。

 運行間隔は、湯の川―十字街で6分から7分に、十字街―谷地頭、十字街―函館どつく前はそれぞれ12分から14分に変更した。間引き運行は東日本大震災以来。同部は「通勤や帰宅時間帯は避け、節電の必要がなくなるまで続ける」としている。

 商業施設も節電営業に取り組み始めた。丸井今井函館店は7日にバックヤードや倉庫の照明を消灯。9日からは2基あるエレベーターの1基の運転を午後4時で停止した。テーオーデパートは8日から、1階サンシャワー広場に設置しているテレビ9台のうち、8台の電源を切った。MEGAドン・キホーテ函館店は、14日まで閉店時間を2時間繰り上げ、午後10時までの営業とする。

 また、市内の総合病院は、診療に支障がない範囲で不要な照明の消灯、昼休み時間のパソコン使用休止、スタッフは階段を利用するなど、電力消費を減らす努力をしている。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...