北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道南の官公庁や商業施設、節電に協力【函館】

節電のため、一部を除いてテレビの電源を切ったテーオーデパート1階のサンシャワー広場

 6日に発生した北海道胆振東部地震で、政府が道内の家庭や企業に20%の節電を要請したことを受け、道南の官公庁や商業施設、病院などは10日、節電の取り組み内容を決め、実行に入った。函館市電も節電ダイヤに移行。どの事業所も市民サービスに影響が出ない範囲で、可能な限り協力する考えだ。

 函館市総務部によると、本庁舎1階の市民ホールの水銀灯を一部消灯、中央エレベーターの運行を4基から2基に減らすほか、執務室や廊下のこまめな消灯・間引き、本庁舎の夜間ライトアップの自粛、職員用パソコンの電源をこまめに切るなどを決め、当面の間実施する。また、各部局にも所管施設の節電を呼び掛け、きめ細やかな管理を求めている。

 市競輪事業部は、函館競輪場本場の建物について2階以上を閉鎖し、車券発売端末の縮小や空調の停止など対応に乗り出した。

 また、渡島総合振興局も庁舎内の照明を間引き、空調を停止した。桧山振興局は江差町内のスーパー2カ所で街頭啓発を行った。

 市は市民、企業向けにもホームページやANSINメールを使い、節電に関し広報している。市総務部は「電力需給の状況を見極めた上で、元に戻すタイミングを考える。計画停電になった場合は、東日本大震災発生時と同様に、数値目標の設定も検討する」としている。

 市企業局交通部は10日から、市電の運行本数を減らす節電対策を始めた。平日午前9時~午後4時の間、運行間隔を1~2分空け、通常よりも1日当たり計8本の運行を減らす。

 運行間隔は、湯の川―十字街で6分から7分に、十字街―谷地頭、十字街―函館どつく前はそれぞれ12分から14分に変更した。間引き運行は東日本大震災以来。同部は「通勤や帰宅時間帯は避け、節電の必要がなくなるまで続ける」としている。

 商業施設も節電営業に取り組み始めた。丸井今井函館店は7日にバックヤードや倉庫の照明を消灯。9日からは2基あるエレベーターの1基の運転を午後4時で停止した。テーオーデパートは8日から、1階サンシャワー広場に設置しているテレビ9台のうち、8台の電源を切った。MEGAドン・キホーテ函館店は、14日まで閉店時間を2時間繰り上げ、午後10時までの営業とする。

 また、市内の総合病院は、診療に支障がない範囲で不要な照明の消灯、昼休み時間のパソコン使用休止、スタッフは階段を利用するなど、電力消費を減らす努力をしている。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...