北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トラック物流回復進む 燃料に不安も【十勝】

道央向けにジャガイモ配送の準備を行う「たけむら」の社員。徐々に通常通りのトラック輸送に戻りつつある

 胆振東部地震を受けて輸送が滞っていた管内物流業者によるトラック輸送は、徐々に通常通りの輸送体制に戻っている。燃料の確保を不安視する声もあるが、停電の復旧により荷主側や配送先の受け入れ体制も通常通りに戻りつつあり、輸送量もほぼ通常並みまで回復している業者もある。

 運送業のたけむら(芽室)は、大型トラックで道央から十勝へ食品類を配送する。道内全域で電力がほぼ復旧した9日から、本格的に配送業務を再開。大手スーパーの拠点がある江別市まで従来と同様に14台の車両を送り、各店へ配送する体制を取っている。

 同社によると、現地で積み込む荷物の量は通常よりも少ない状態だが、道央からの輸送量は通常時の8、9割ほど。11日も、卵などを市内スーパーに配送した。

 市内スーパーに豆腐、生鮮食品などを配送する米澤通商(芽室)は、スーパーが営業を再開したことで、週明けからの輸送量が通常の8割ほどまで戻っている。同社は燃料の確保にも苦心したといい、森脇登取締役管理本部長は「数量はまだ限定的だが、まず燃料の確保ができてよかった」とする。

 ただ一部関係者によると、運送業者が自社で持つ給油タンクにはまだ燃料が補給されていない状況もあるという。

 十勝地区トラック協会の奥野一男専務理事は「一部燃料の不安もあるが、生産体制や店側の受け入れ体制が元に戻れば、輸送量も通常並みに戻るのでは」と話す。

関連記事

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...