北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鹿部町大岩のホタテ養殖、相次ぐ自然災害で打撃【鹿部】

7日に海中から引き揚げられたホタテ養殖のロープ。貝がロープ1本1本にびっしりついている(鹿部漁協提供)

 【鹿部】今月相次いだ自然災害で、鹿部町大岩地区のホタテ養殖が打撃を受けた。現時点で台風か地震か原因は特定されていないが、順調に育っていた貝や資材が全滅状態。鹿部漁協は被害額を「貝だけで5000万円に上る」と見込んでいる。

 被害を受けたのは、大岩地区の陸から約2キロの沖合にある養殖施設。長さ300メートルの「幹網」1本につき貝を固定しているロープが1000本ついており、この幹綱が6本あるため、計6000本のロープが海中にあった。ロープ1本には5月に耳吊りした貝が約300枚(約25キロ分)固定され、来年2月の出荷を待っていた。

 4日の台風後には、ロープにつけられたフロート(浮き)の列が一直線に整っていたことが確認されている。だが、6日の地震発生後はフロートが幹綱の片側に寄り、ロープが団子状に絡まっていたという。

 貝は合わせて12軒分。8センチほどと順調に成長していたが「商品にはならない」と、7日にロープを台船に引き揚げた。ロープは6000本全てを廃棄処分せざるを得ない状態だ。

 大岩以外にも貝の脱落が報告されているといい、さらに被害が広がる可能性もある。同漁協の長谷川栄毅専務は原因について「漁業者には『地震で潮の流れが変わったことが理由ではないか』と聞いたが、台風で施設が弱ったところに地震が発生したせいかもしれないし、断定はできない」と話している。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...