北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

鵡川ししゃも影響最小限に、大正創業の老舗が営業再開【むかわ】

きょう12日から営業を再開するカネダイ大野商店=むかわ町

 胆振東部地震により臨時休業が続いていたむかわ町美幸2のカネダイ大野商店(大野秀貴代表取締役)は、きょう12日から営業を再開する。シシャモ漁を10月に控え、地域ブランド「鵡川ししゃも」への影響は最小限に抑えられそうだ。

 「鵡川ししゃも」は地域団体商標の第1回認定となった同町を代表する特産品。同商店は1923年(大正12年)創業で、町内に最も長い歴史を持つシシャモ加工販売店だ。

 大野代表は「食器が割れるなどしたが幸いにも冷凍庫は大きな被害はないため、なんとか再開できる」と安どの表情。定番商品の生干しシシャモをはじめ、珍味やフライ、甘露煮や昆布巻きなどさまざな商品を用意する。宅配便の集荷が止まっているためネット販売は休止中だが、集荷再開に合わせ通販も可能になる予定。

 同町商店街の多くは地震で大きな被害を受け、倒壊した店舗も少なくない。「廃業を余儀なくされる店もあり商工会的には大打撃。顔見知りばかりだからつらいね」と語った。

関連記事

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...