北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

一丸となって節電対策を

 道内の電力不足の長期化が懸念され、計画停電を避ける2割節電を実現するため、日高地域電力需給連絡会が11日午前、日高振興局で開かれた。北海道電力苫小牧支店の担当者が需給状況などを説明し、松浦英則振興局長は「住民、事業者が一丸となった節電対策が必要」と管内各町や主要団体事務局代表らに協力を呼び掛けた。

 北電は、9月平日の最大需要を約380万KWと想定しているが、現状の供給力は10%程度不足の約350万KW。12日までは計画停電をしないと発表しているが、節電状況によっては計画停電を実施する可能性もあり、13日以降の見通しは不透明だ。

 道内最大の電力を供給し、6日の胆振東部地震直後から発電設備の損傷で稼働を停止している苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町、合計出力165万KW)について、世耕弘成経済産業相は11日、全面復旧が11月以降になると発表している。

 同発電所の再稼働は、ボイラー内蒸気配管が損傷した1号機(出力35万KW)は9月末以降、同2号機(60万KW)は10月中旬以降、タービンから出火した4号機(70万KW)は11月以降になる見通しだ。

 これから秋が深まると暗くなる時間も早くなり、暖房も必要な時期を迎える。計画停電を避けるため、当面は「命と暮らしを守るため北海道が一丸となって2割の節電を」(高橋はるみ知事緊急メッセージ)という取り組みが求められ、節電対策は喫緊の正念場を迎えている。

 連絡会には各町担当者や農林水産・商工・福祉関係などの管内連合団体の事務局長ら約20人が出席。

 北電送配電力カンパニー苫小牧支店の関欣昌業務部長は「供給力の確保に向けあらゆる対策を進めているが、供給量は十分ではない。停電を回避するためにも節電に協力を」とし、松浦局長も「皆さんの団体の企業から、節電方法の聞き取りをしてほしい。我々も知らないアイデアで節電する方法があれば、取り入れたい」と出席者に要望した。

節電へ協力を呼び掛ける松浦局長(中央)

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

室蘭民報

市連町が宮古訪れ仮設トイレ設営体験【室蘭】

 室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、118町内会・自治会)は10日、岩手県などが主催する岩手県総合防災訓練に参加し、市町連で生かすための参考にしていた。  訓練は震度6弱を観測する地震が発生...