北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

一丸となって節電対策を

 道内の電力不足の長期化が懸念され、計画停電を避ける2割節電を実現するため、日高地域電力需給連絡会が11日午前、日高振興局で開かれた。北海道電力苫小牧支店の担当者が需給状況などを説明し、松浦英則振興局長は「住民、事業者が一丸となった節電対策が必要」と管内各町や主要団体事務局代表らに協力を呼び掛けた。

 北電は、9月平日の最大需要を約380万KWと想定しているが、現状の供給力は10%程度不足の約350万KW。12日までは計画停電をしないと発表しているが、節電状況によっては計画停電を実施する可能性もあり、13日以降の見通しは不透明だ。

 道内最大の電力を供給し、6日の胆振東部地震直後から発電設備の損傷で稼働を停止している苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町、合計出力165万KW)について、世耕弘成経済産業相は11日、全面復旧が11月以降になると発表している。

 同発電所の再稼働は、ボイラー内蒸気配管が損傷した1号機(出力35万KW)は9月末以降、同2号機(60万KW)は10月中旬以降、タービンから出火した4号機(70万KW)は11月以降になる見通しだ。

 これから秋が深まると暗くなる時間も早くなり、暖房も必要な時期を迎える。計画停電を避けるため、当面は「命と暮らしを守るため北海道が一丸となって2割の節電を」(高橋はるみ知事緊急メッセージ)という取り組みが求められ、節電対策は喫緊の正念場を迎えている。

 連絡会には各町担当者や農林水産・商工・福祉関係などの管内連合団体の事務局長ら約20人が出席。

 北電送配電力カンパニー苫小牧支店の関欣昌業務部長は「供給力の確保に向けあらゆる対策を進めているが、供給量は十分ではない。停電を回避するためにも節電に協力を」とし、松浦局長も「皆さんの団体の企業から、節電方法の聞き取りをしてほしい。我々も知らないアイデアで節電する方法があれば、取り入れたい」と出席者に要望した。

節電へ協力を呼び掛ける松浦局長(中央)

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...