北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

噴火湾とようら観光協会が「海上遊覧船」の実証実験【豊浦】

海岸線のジオサイトなど豊浦の魅力を解説する田中さん

海上から見た豊浦町の本町地区

 噴火湾とようら観光協会(金丸孝理事長)は12日、「海上遊覧船」の実証実験を実施した。海上が荒れていたため、予定のコースを大幅に短縮したが、参加した旅行会社社員との意見交換もあり、同協会は「遊覧を豊浦の産業と食に組み合わせた商品にしたい」と来年以降の商品化を目指し、準備を進めていく。

 世界ジオパークに登録される「洞爺湖有珠山ジオパーク」の見どころとなる、ジオサイトが点在する町内の海岸線を海から見学する企画。不定期航路事業などを展開するアラマチ(洞爺湖町洞爺湖温泉、荒町誠代表取締役)に相談し、実証実験にこぎ着けた。

 旅行会社社員らが参加。ガイド役は豊浦町地域おこし協力隊の田中博子さん。コースは豊浦漁港から海岸線を西に進み、カムイチャシ、礼文漁港、秘境駅・JR小幌駅のある小幌湾や文太郎浜までを往復する予定だったが、波が高く大岸漁港を過ぎた辺りで引き返した。

 実験後、町内であった意見交換で「豊富な海の幸や豚肉、イチゴなどを生かせないか」などの意見が出た。この日は穏やかな天候だったが、海上が荒れていたことなどに触れ、岡本貴光事務局長は「天候に左右されることを改めて感じた。(船が出せない場合の)代替の商品も考えなければいけない」と話し「遊覧だけでは魅力がない。食などいろいろと絡めていきたい」と感想を述べた。

 実証実験は6日にも外国人旅行者らを対象に実施した。同協会は意見や感想を集約し商品化を目指す。

関連記事

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...