北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

噴火湾とようら観光協会が「海上遊覧船」の実証実験【豊浦】

海岸線のジオサイトなど豊浦の魅力を解説する田中さん

海上から見た豊浦町の本町地区

 噴火湾とようら観光協会(金丸孝理事長)は12日、「海上遊覧船」の実証実験を実施した。海上が荒れていたため、予定のコースを大幅に短縮したが、参加した旅行会社社員との意見交換もあり、同協会は「遊覧を豊浦の産業と食に組み合わせた商品にしたい」と来年以降の商品化を目指し、準備を進めていく。

 世界ジオパークに登録される「洞爺湖有珠山ジオパーク」の見どころとなる、ジオサイトが点在する町内の海岸線を海から見学する企画。不定期航路事業などを展開するアラマチ(洞爺湖町洞爺湖温泉、荒町誠代表取締役)に相談し、実証実験にこぎ着けた。

 旅行会社社員らが参加。ガイド役は豊浦町地域おこし協力隊の田中博子さん。コースは豊浦漁港から海岸線を西に進み、カムイチャシ、礼文漁港、秘境駅・JR小幌駅のある小幌湾や文太郎浜までを往復する予定だったが、波が高く大岸漁港を過ぎた辺りで引き返した。

 実験後、町内であった意見交換で「豊富な海の幸や豚肉、イチゴなどを生かせないか」などの意見が出た。この日は穏やかな天候だったが、海上が荒れていたことなどに触れ、岡本貴光事務局長は「天候に左右されることを改めて感じた。(船が出せない場合の)代替の商品も考えなければいけない」と話し「遊覧だけでは魅力がない。食などいろいろと絡めていきたい」と感想を述べた。

 実証実験は6日にも外国人旅行者らを対象に実施した。同協会は意見や感想を集約し商品化を目指す。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...