北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

噴火湾とようら観光協会が「海上遊覧船」の実証実験【豊浦】

海岸線のジオサイトなど豊浦の魅力を解説する田中さん

海上から見た豊浦町の本町地区

 噴火湾とようら観光協会(金丸孝理事長)は12日、「海上遊覧船」の実証実験を実施した。海上が荒れていたため、予定のコースを大幅に短縮したが、参加した旅行会社社員との意見交換もあり、同協会は「遊覧を豊浦の産業と食に組み合わせた商品にしたい」と来年以降の商品化を目指し、準備を進めていく。

 世界ジオパークに登録される「洞爺湖有珠山ジオパーク」の見どころとなる、ジオサイトが点在する町内の海岸線を海から見学する企画。不定期航路事業などを展開するアラマチ(洞爺湖町洞爺湖温泉、荒町誠代表取締役)に相談し、実証実験にこぎ着けた。

 旅行会社社員らが参加。ガイド役は豊浦町地域おこし協力隊の田中博子さん。コースは豊浦漁港から海岸線を西に進み、カムイチャシ、礼文漁港、秘境駅・JR小幌駅のある小幌湾や文太郎浜までを往復する予定だったが、波が高く大岸漁港を過ぎた辺りで引き返した。

 実験後、町内であった意見交換で「豊富な海の幸や豚肉、イチゴなどを生かせないか」などの意見が出た。この日は穏やかな天候だったが、海上が荒れていたことなどに触れ、岡本貴光事務局長は「天候に左右されることを改めて感じた。(船が出せない場合の)代替の商品も考えなければいけない」と話し「遊覧だけでは魅力がない。食などいろいろと絡めていきたい」と感想を述べた。

 実証実験は6日にも外国人旅行者らを対象に実施した。同協会は意見や感想を集約し商品化を目指す。

関連記事

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...

十勝毎日新聞

工業高でスマート農業 官民連携し研究【帯広】

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の...

十勝毎日新聞

特定健診受診今年も管内1位【陸別】

 2017年度の陸別町の特定健診受診率が70.1%になり、全道で4位、十勝では2年連続の1位となった。保健師らによる家庭訪問などに成果が表れた格好。町民の健康に寄与し、将来的な介護給付費の抑制を...