北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JR特急が再開 胆振東部地震1週間【帯広】

運行を再開した列車に乗り込む利用者(JR帯広駅で)

 胆振東部地震は13日で発生から1週間を迎えた。地震の影響で1週間運休していた釧路-札幌間のJR列車が13日、一部区間のバス代行を含み、運転を再開した。帯広駅でも早速、旅行客らが乗り込んだ。帯広と札幌を結ぶ特急列車「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」は14日から、通常通りのダイヤで運転を再開する。

 両特急列車は地震の影響で6日から運休。石勝線でレールのゆがみが複数箇所見つかっており、JR北海道が復旧作業や設備の点検作業を急いでいた。

 13日は釧路-新夕張間を臨時特急列車、点検作業が続く新夕張-札幌間をバス代行とし、釧路-札幌間を2往復する便を運行。午前9時56分帯広発の便にはスーツケースを持ったビジネス客や旅行者など、同駅から約50人が乗り込んだ。札幌着は通常より約1時間遅い午後1時20分の予定。

 出張で帯広を訪れていた大阪府の会社員三島宰さん(34)は「JRがなければとかち帯広空港までタクシーで向かい、東京経由で大阪に戻らなければならなかった」と列車の再開に安堵(あんど)していた。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...