北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JR特急が再開 胆振東部地震1週間【帯広】

運行を再開した列車に乗り込む利用者(JR帯広駅で)

 胆振東部地震は13日で発生から1週間を迎えた。地震の影響で1週間運休していた釧路-札幌間のJR列車が13日、一部区間のバス代行を含み、運転を再開した。帯広駅でも早速、旅行客らが乗り込んだ。帯広と札幌を結ぶ特急列車「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」は14日から、通常通りのダイヤで運転を再開する。

 両特急列車は地震の影響で6日から運休。石勝線でレールのゆがみが複数箇所見つかっており、JR北海道が復旧作業や設備の点検作業を急いでいた。

 13日は釧路-新夕張間を臨時特急列車、点検作業が続く新夕張-札幌間をバス代行とし、釧路-札幌間を2往復する便を運行。午前9時56分帯広発の便にはスーツケースを持ったビジネス客や旅行者など、同駅から約50人が乗り込んだ。札幌着は通常より約1時間遅い午後1時20分の予定。

 出張で帯広を訪れていた大阪府の会社員三島宰さん(34)は「JRがなければとかち帯広空港までタクシーで向かい、東京経由で大阪に戻らなければならなかった」と列車の再開に安堵(あんど)していた。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

室蘭民報

市連町が宮古訪れ仮設トイレ設営体験【室蘭】

 室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、118町内会・自治会)は10日、岩手県などが主催する岩手県総合防災訓練に参加し、市町連で生かすための参考にしていた。  訓練は震度6弱を観測する地震が発生...