北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五稜郭タワーライトアップ中止…市内店舗・観光施設が節電【函館】

節電のため塔体の夜間ライトアップを中止している五稜郭タワー(12日午後6時20分ごろ)

 北海道胆振東部地震の影響で、道内の電力が供給不足となっている中、函館市内の店舗や観光施設では節電の取り組みを進めている。北海道電力は再度の大規模停電や計画停電の回避に向けて「節電タイム(平日午前8時半~午後8時半)で平常時よりも2割の節電をお願いしたい」と協力を求めている。

 JR函館駅前の百貨店・棒二森屋(若松町)は、9日からエスカレーター付近の照明を消灯。店内の冷房設定温度を2度上げたほか、屋上からのサーチライトも取り止めた。担当者は「要請があれば、一層の節電も検討したい」と協力する考えだ。

 函館蔦屋書店(石川町)は14日まで、午前7時~翌日午前1時の営業時間を午前9時~午後9時に変更。業者用の荷受けスペースの照明を間引いており、必要に応じて店内照明の消灯も検討している。

 五稜郭タワー(五稜郭町)は、日没から午後10時まで実施している塔体のライトアップを中止している。担当者は「従業員も、普段にも増して省エネを心掛けるようにし、節電に協力していきたい」としている。

 函館山ロープウェイ(元町)では、閑散時間の午前10時から午後3時ごろまで、通常は平日15分、土日10分間隔の運行を20分間隔に変更した。営業企画部の水口貴博部長は「節電に向けた取り組みを進めながら、お客さまが安全で快適に過ごしていただけるよう努めていく」と話している。

 函館市も各家庭での節電を呼び掛けている。市環境部は節電に関して①不要な照明を消す②使用していない電気機器はコンセントを抜く③テレビの照度を下げる④冷蔵庫の設定温度を控えめにして扉の開閉時間や食品の詰め込みを減らす―などの方法を推奨。同部は「一人一人が節電に対する緊張感と自覚を持って協力をお願いしたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

装置の実験開始 IST3号機【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は13日午後、大樹町浜大樹の実験場で高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに向けて、姿勢制御装...

十勝毎日新聞

高木姉妹ら氷上で練習 16日からW杯【帯広】

 国際大会の幕開けとなるスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦帯広大会(16~18日)の公式練習が14日午前9時から、会場となる明治北海道十勝オーバルで始まった。2月の平昌五輪で金メダル...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...