北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「いらっしゃい」の声戻る 新千歳空港ビル65店舗営業再開

物販店の一部が営業を再開した=13日午前10時10分ごろ、新千歳空港

 新千歳空港で13日午前、胆振東部地震の影響で休業していた物販店の一部が営業を再開した。12日に行われた千歳市消防本部による査察で安全が確認された。「いらっしゃいませ」。開店と同時に国内線ターミナルビルには店舗スタッフの元気な声が響き、空港利用者が足を止めて土産物を買い求めていた。

 新千歳空港ターミナルビルディングによると、空港ビル内にある物販店約170店舗のうち65店舗が営業を再開した。札幌の実家に帰省していた埼玉県在住の美容師の女性(22)は「シャッターが閉まった空港を初めて見た。また多くの人でにぎわってほしい」と話していた。

 スノウショップの廣重秀格社長は「一日も早く再開にこぎつけたかった。開店を待っていた人もいて、客の流れもいい」と喜んでいた。

 物販店の一部再開に伴い、スカイショップ小笠原とスノウショップの前で弁当を販売していた仮設店舗は営業を終了。飲食店や娯楽施設の再開時期は未定だ。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...