北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「久し振りに会えてうれしい」 安平町内の一部小中学校で授業再開

クラスメートや先生との再会を喜ぶ子どもたち=13日午前8時45分ごろ、安平小学校

 地震発生から1週間を迎えた13日、安平町内の一部の小中学校が授業を再開し、児童生徒らが友人との再会に笑顔を見せた。授業を再開したのは追分小、安平小、早来小、追分中で、14日には遠浅小、早来中で授業を再開する。ただ、町内の水道復旧率は3~4割程度で給食センターの断水が続いており、今週は午前授業になる。

 町内の小学生は340人、中学生は189人。このうち安平小では 全校児童21人のうち体調不良などで休んだ児童を除く15人が元気に登校した。午前8時すぎから体育館で全校集会を開き、木村義人校長(57)は「無事を確認できて良かった。大変な状況ですが力を合わせて頑張りましょう」と呼び掛けた。児童会長で6年生の佐藤花音さん(11)は「地震の時は本当に怖かったが、久し振りにみんなに会えてうれしかった」と声を弾ませた。

 追分小は、土砂崩れの恐れで同校を含む周辺地域に避難指示が出ているため、児童112人は追分中に仮教室を設けて授業をスタートした。早来中は校舎の被害が大きいため、14日から町民センターで授業を再開する。

 また、給食センターも断水で給食の提供ができないため、各校は14日まで午前授業に。18日からは、断水が解消されない場合でも民間企業の協力を得て、給食提供を始める。

 追分高校の再開は未定で、断水解消を踏まえて再開日を検討する。

 町教育委員会は、校舎の被害が大きかった早来中の修繕に時間がかかる見込みのため、仮設校舎の設置を検討中。追分小も同様に追分中敷地内に仮設校舎を設置する予定。町教委は「できる限り早く仮設校舎の建設を進め、通常の授業を再開できるようにしたい」と話している。

 一方、厚真町では、町内すべての学校(2小学校、2中学校)の再開時期が未定。厚真高は18日から再開する。むかわ町は12日に鵡川高が再開し、18日には町内のすべての学校(3小学校、2中学校)が再開する。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...