北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「久し振りに会えてうれしい」 安平町内の一部小中学校で授業再開

クラスメートや先生との再会を喜ぶ子どもたち=13日午前8時45分ごろ、安平小学校

 地震発生から1週間を迎えた13日、安平町内の一部の小中学校が授業を再開し、児童生徒らが友人との再会に笑顔を見せた。授業を再開したのは追分小、安平小、早来小、追分中で、14日には遠浅小、早来中で授業を再開する。ただ、町内の水道復旧率は3~4割程度で給食センターの断水が続いており、今週は午前授業になる。

 町内の小学生は340人、中学生は189人。このうち安平小では 全校児童21人のうち体調不良などで休んだ児童を除く15人が元気に登校した。午前8時すぎから体育館で全校集会を開き、木村義人校長(57)は「無事を確認できて良かった。大変な状況ですが力を合わせて頑張りましょう」と呼び掛けた。児童会長で6年生の佐藤花音さん(11)は「地震の時は本当に怖かったが、久し振りにみんなに会えてうれしかった」と声を弾ませた。

 追分小は、土砂崩れの恐れで同校を含む周辺地域に避難指示が出ているため、児童112人は追分中に仮教室を設けて授業をスタートした。早来中は校舎の被害が大きいため、14日から町民センターで授業を再開する。

 また、給食センターも断水で給食の提供ができないため、各校は14日まで午前授業に。18日からは、断水が解消されない場合でも民間企業の協力を得て、給食提供を始める。

 追分高校の再開は未定で、断水解消を踏まえて再開日を検討する。

 町教育委員会は、校舎の被害が大きかった早来中の修繕に時間がかかる見込みのため、仮設校舎の設置を検討中。追分小も同様に追分中敷地内に仮設校舎を設置する予定。町教委は「できる限り早く仮設校舎の建設を進め、通常の授業を再開できるようにしたい」と話している。

 一方、厚真町では、町内すべての学校(2小学校、2中学校)の再開時期が未定。厚真高は18日から再開する。むかわ町は12日に鵡川高が再開し、18日には町内のすべての学校(3小学校、2中学校)が再開する。

関連記事

室蘭民報

日光印刷が大型DM対応のフチ糊圧着折機導入【室蘭】

 日光印刷(室蘭市寿町、佐藤俊一代表取締役社長)は、A4サイズなど大型DMに対応したフチ糊(のり)圧着折機を新規導入した。道内の印刷会社では初めて。現在は透明袋に印刷物を入れるDMが主流だが...

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値...

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。...

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...