北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「久し振りに会えてうれしい」 安平町内の一部小中学校で授業再開

クラスメートや先生との再会を喜ぶ子どもたち=13日午前8時45分ごろ、安平小学校

 地震発生から1週間を迎えた13日、安平町内の一部の小中学校が授業を再開し、児童生徒らが友人との再会に笑顔を見せた。授業を再開したのは追分小、安平小、早来小、追分中で、14日には遠浅小、早来中で授業を再開する。ただ、町内の水道復旧率は3~4割程度で給食センターの断水が続いており、今週は午前授業になる。

 町内の小学生は340人、中学生は189人。このうち安平小では 全校児童21人のうち体調不良などで休んだ児童を除く15人が元気に登校した。午前8時すぎから体育館で全校集会を開き、木村義人校長(57)は「無事を確認できて良かった。大変な状況ですが力を合わせて頑張りましょう」と呼び掛けた。児童会長で6年生の佐藤花音さん(11)は「地震の時は本当に怖かったが、久し振りにみんなに会えてうれしかった」と声を弾ませた。

 追分小は、土砂崩れの恐れで同校を含む周辺地域に避難指示が出ているため、児童112人は追分中に仮教室を設けて授業をスタートした。早来中は校舎の被害が大きいため、14日から町民センターで授業を再開する。

 また、給食センターも断水で給食の提供ができないため、各校は14日まで午前授業に。18日からは、断水が解消されない場合でも民間企業の協力を得て、給食提供を始める。

 追分高校の再開は未定で、断水解消を踏まえて再開日を検討する。

 町教育委員会は、校舎の被害が大きかった早来中の修繕に時間がかかる見込みのため、仮設校舎の設置を検討中。追分小も同様に追分中敷地内に仮設校舎を設置する予定。町教委は「できる限り早く仮設校舎の建設を進め、通常の授業を再開できるようにしたい」と話している。

 一方、厚真町では、町内すべての学校(2小学校、2中学校)の再開時期が未定。厚真高は18日から再開する。むかわ町は12日に鵡川高が再開し、18日には町内のすべての学校(3小学校、2中学校)が再開する。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...