北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

八丁平小でクイズや寸劇通し認知症学ぶ【室蘭】

寸劇や◯×クイズを通して認知症を学ぶ八丁平小児童

 室蘭市八丁平小学校(山上昌彦校長、551人)の6年生対象の認知症をテーマにした講座が12日、同校で開かれ、室蘭市地域包括支援センターの専門員らから認知症の症状や、お年寄りとの接し方を教わった。

 同校の総合的学習「共に生きる社会」の一環。11月に地域の介護老人保健施設を訪問するのを前に、高齢者について学んだ。市が力を入れている認知症サポーター養成講座として行われた。

 体育館に集まった児童たちは、市地域包括支援センター母恋の井脇真澄美看護課長らから「人によって症状が違う」「脳の細胞が死ぬことで時間の感覚や自分の子でも分からなくなり、計画が立てられない」など症状を学んだ。◯×クイズや寸劇を通して、急がせない、驚かさない、自尊心を傷つけない優しい対応を呼び掛けた。

 内藤颯音君は「認知症がどのようなものか分かりました。もしどこかで会うことがあったら学んだことを生かして声を掛けたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...