北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

八丁平小でクイズや寸劇通し認知症学ぶ【室蘭】

寸劇や◯×クイズを通して認知症を学ぶ八丁平小児童

 室蘭市八丁平小学校(山上昌彦校長、551人)の6年生対象の認知症をテーマにした講座が12日、同校で開かれ、室蘭市地域包括支援センターの専門員らから認知症の症状や、お年寄りとの接し方を教わった。

 同校の総合的学習「共に生きる社会」の一環。11月に地域の介護老人保健施設を訪問するのを前に、高齢者について学んだ。市が力を入れている認知症サポーター養成講座として行われた。

 体育館に集まった児童たちは、市地域包括支援センター母恋の井脇真澄美看護課長らから「人によって症状が違う」「脳の細胞が死ぬことで時間の感覚や自分の子でも分からなくなり、計画が立てられない」など症状を学んだ。◯×クイズや寸劇を通して、急がせない、驚かさない、自尊心を傷つけない優しい対応を呼び掛けた。

 内藤颯音君は「認知症がどのようなものか分かりました。もしどこかで会うことがあったら学んだことを生かして声を掛けたい」と話していた。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...