北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市営競輪売り上げ122億円 累積収支500万円黒字【函館】

今年度の売り上げ状況などを議論した協議会

 函館市競輪運営協議会(会長・今井敏博函館大教授)は10日、函館競輪場で今年度第1回会合を開いた。市競輪事業部は今年度の市営函館競輪の売り上げ状況について、35日開催時点で前年度比10・9%増の122億896万円だったことを明らかにした。GIII(記念競輪)をナイター化して2回開催したことが奏功。また、2017年度決算で502万円の黒字を報告した。累積収支が黒字となったのは04年度以来13年ぶり。

 GIIIは、6月にナイターで4日開催した函館記念が同23・9%減の37億9843万円。ナイターは車券を扱う競輪場の数が少ないため、通常の昼開催に比べると売り上げが落ち込むという。損失補てん分として4月に特別開催した函館ナイター競輪20周年記念「スターライトクラウン」(4日)は32億83万円を売り上げ、純増となった。2つの記念競輪で計70億円となり、17年度に昼開催した函館記念(50億円)を20億円上回った。

 一方、普通競輪(FI・II)=27日開催=は同13・5%減の52億969万円で、他場開催との競合が増えたことが売上減の要因とみている。

 売り上げ122億円の内訳は、本場・サテライトが同5・3%増の2億513万円、電話投票が同15・2%増の34億8786万円、重勝式投票が同78・6%増の2555万円、臨時場外が同9・2%増の84億9041万円となっている。

 函館競輪は今年度、昨年度より1日多い50日開催の計画。9月は3、4、5日に開催したが、胆振東部地震の影響で9、10、11日は中止した。電力需給の逼迫(ひっぱく)を考慮し、21、22、23日開催の可否を検討する。10月は7、8、9、16、17、18日の6日開催を予定している。

関連記事

根室新聞

「大坂なおみ選手特設ブース」にウエア追加【根室】

 テニスの全豪オープンに出場中の大坂なおみ選手の祖父で根室漁協の大坂鉄夫組合長(73)が21日、市役所を訪れ、市役所1階ロビーの「なおみブース」を初めて見学。大坂組合長は、全米オープンの表彰式で着用...

根室新聞

毛ガニかご漁 2月1日解禁【根室】

 道知事許可の根室半島太平洋沿岸での「毛ガニかご漁」が今期も2月1日の解禁となる。根室振興局水産課によると、道は今期操業の許可方針や制限条件について今年も前年並みとする方針で、管内各漁協から合わ...

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...