北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市営競輪売り上げ122億円 累積収支500万円黒字【函館】

今年度の売り上げ状況などを議論した協議会

 函館市競輪運営協議会(会長・今井敏博函館大教授)は10日、函館競輪場で今年度第1回会合を開いた。市競輪事業部は今年度の市営函館競輪の売り上げ状況について、35日開催時点で前年度比10・9%増の122億896万円だったことを明らかにした。GIII(記念競輪)をナイター化して2回開催したことが奏功。また、2017年度決算で502万円の黒字を報告した。累積収支が黒字となったのは04年度以来13年ぶり。

 GIIIは、6月にナイターで4日開催した函館記念が同23・9%減の37億9843万円。ナイターは車券を扱う競輪場の数が少ないため、通常の昼開催に比べると売り上げが落ち込むという。損失補てん分として4月に特別開催した函館ナイター競輪20周年記念「スターライトクラウン」(4日)は32億83万円を売り上げ、純増となった。2つの記念競輪で計70億円となり、17年度に昼開催した函館記念(50億円)を20億円上回った。

 一方、普通競輪(FI・II)=27日開催=は同13・5%減の52億969万円で、他場開催との競合が増えたことが売上減の要因とみている。

 売り上げ122億円の内訳は、本場・サテライトが同5・3%増の2億513万円、電話投票が同15・2%増の34億8786万円、重勝式投票が同78・6%増の2555万円、臨時場外が同9・2%増の84億9041万円となっている。

 函館競輪は今年度、昨年度より1日多い50日開催の計画。9月は3、4、5日に開催したが、胆振東部地震の影響で9、10、11日は中止した。電力需給の逼迫(ひっぱく)を考慮し、21、22、23日開催の可否を検討する。10月は7、8、9、16、17、18日の6日開催を予定している。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...