北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市営競輪売り上げ122億円 累積収支500万円黒字【函館】

今年度の売り上げ状況などを議論した協議会

 函館市競輪運営協議会(会長・今井敏博函館大教授)は10日、函館競輪場で今年度第1回会合を開いた。市競輪事業部は今年度の市営函館競輪の売り上げ状況について、35日開催時点で前年度比10・9%増の122億896万円だったことを明らかにした。GIII(記念競輪)をナイター化して2回開催したことが奏功。また、2017年度決算で502万円の黒字を報告した。累積収支が黒字となったのは04年度以来13年ぶり。

 GIIIは、6月にナイターで4日開催した函館記念が同23・9%減の37億9843万円。ナイターは車券を扱う競輪場の数が少ないため、通常の昼開催に比べると売り上げが落ち込むという。損失補てん分として4月に特別開催した函館ナイター競輪20周年記念「スターライトクラウン」(4日)は32億83万円を売り上げ、純増となった。2つの記念競輪で計70億円となり、17年度に昼開催した函館記念(50億円)を20億円上回った。

 一方、普通競輪(FI・II)=27日開催=は同13・5%減の52億969万円で、他場開催との競合が増えたことが売上減の要因とみている。

 売り上げ122億円の内訳は、本場・サテライトが同5・3%増の2億513万円、電話投票が同15・2%増の34億8786万円、重勝式投票が同78・6%増の2555万円、臨時場外が同9・2%増の84億9041万円となっている。

 函館競輪は今年度、昨年度より1日多い50日開催の計画。9月は3、4、5日に開催したが、胆振東部地震の影響で9、10、11日は中止した。電力需給の逼迫(ひっぱく)を考慮し、21、22、23日開催の可否を検討する。10月は7、8、9、16、17、18日の6日開催を予定している。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

室蘭民報

市連町が宮古訪れ仮設トイレ設営体験【室蘭】

 室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、118町内会・自治会)は10日、岩手県などが主催する岩手県総合防災訓練に参加し、市町連で生かすための参考にしていた。  訓練は震度6弱を観測する地震が発生...