北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

販売店で停電でも利用可能なストーブ品薄【室蘭】

暖房器具販売店やホームセンターでは停電でも使えるストーブが品薄となっている

 停電でも利用できる灯油やガスのポータブルストーブが、室蘭市内のホームセンターや販売店で極めて品薄になっている。電力不足による「計画停電を危惧する動き」が今週に入り広がり、急激に買い求める消費者が増えた。「札幌をはじめとした全道的な動き」で、再入荷の見通しは「分からない」という。

 各店によると、例年この時季に大きく動く商品ではなく、消費者の話からも、道内の電力不足や計画停電の危惧に加え、6年前の室蘭、登別で発生した大停電の教訓が重なった「備えの動き」という。

 暖房厨房器具などのオオヤ(中央町)では、今週に入り「毎日2、3台が売れており、在庫は十数台」の状況。地震前に80個あったポリタンクも、水のストック需要にストーブ需要が重なり、残り1個となった。

 ストーブは手ごろ価格の商品から売れている。ハンドルを回して自家発電し、電池がなくても点火できる人気商品など一部が欠品。明るく照明代わりにもなるおしゃれな対流式を選択する人もいる。谷原道雄社長は「大停電までの勢いはまだないが、急に動きが速くなった。問屋にも商品が無い状態で、再入荷はタイミング次第と思うが、現状では分からない」と話した。

 DCMホーマック本社によると、札幌を含め全道的に品不足の状況。同中島店でも9日ごろから、買い求める動きが広がり、品薄状態が続いている。13日も店頭で、残り少ない商品を品定めする市民の姿が複数あった。

 高齢者や小さな子どものいる家庭には、火が出ないカセットガスを熱源にしたファンヒータータイプも人気という。同中島店の大藤倫史副店長は「一家に1台は電源を使わない暖房器具を用意しようという人が確実に増えている」と話した。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...