北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

販売店で停電でも利用可能なストーブ品薄【室蘭】

暖房器具販売店やホームセンターでは停電でも使えるストーブが品薄となっている

 停電でも利用できる灯油やガスのポータブルストーブが、室蘭市内のホームセンターや販売店で極めて品薄になっている。電力不足による「計画停電を危惧する動き」が今週に入り広がり、急激に買い求める消費者が増えた。「札幌をはじめとした全道的な動き」で、再入荷の見通しは「分からない」という。

 各店によると、例年この時季に大きく動く商品ではなく、消費者の話からも、道内の電力不足や計画停電の危惧に加え、6年前の室蘭、登別で発生した大停電の教訓が重なった「備えの動き」という。

 暖房厨房器具などのオオヤ(中央町)では、今週に入り「毎日2、3台が売れており、在庫は十数台」の状況。地震前に80個あったポリタンクも、水のストック需要にストーブ需要が重なり、残り1個となった。

 ストーブは手ごろ価格の商品から売れている。ハンドルを回して自家発電し、電池がなくても点火できる人気商品など一部が欠品。明るく照明代わりにもなるおしゃれな対流式を選択する人もいる。谷原道雄社長は「大停電までの勢いはまだないが、急に動きが速くなった。問屋にも商品が無い状態で、再入荷はタイミング次第と思うが、現状では分からない」と話した。

 DCMホーマック本社によると、札幌を含め全道的に品不足の状況。同中島店でも9日ごろから、買い求める動きが広がり、品薄状態が続いている。13日も店頭で、残り少ない商品を品定めする市民の姿が複数あった。

 高齢者や小さな子どものいる家庭には、火が出ないカセットガスを熱源にしたファンヒータータイプも人気という。同中島店の大藤倫史副店長は「一家に1台は電源を使わない暖房器具を用意しようという人が確実に増えている」と話した。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...