北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

ゆで上がった「対州そば」

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる。シンポでは他にも2種類のそばを試食し、独特の風味を比べることにしている。

 中国南部を原産とするそばは、縄文時代後期に対馬を経由して日本列島にもたらされた。対州そばは苦味など原種に近い特性を持つ。対馬は離島のため種が守られ、現在に至る。

 「縄文の味」としてマスコミでも紹介され、4月には「対州そば」の名称が農水省の地理的表示保護制度に登録された。

 12日夜には同公民館で、新得蕎麦倶楽部(湯浅佳行代表)による対州そばの試し打ちが行われた。水加減などは難しかったが、ゆでた麺は透明感があり、コシが強く、会員は「いける味」と太鼓判を押した。

 シンポでは「レラノカオリ」(新得町産)、「キタノマシュウ」(釧路管内弟子屈町産)も試食。会員は「それぞれの味に個性があり、味比べが楽しみ」と話していた。

 シンポは午後2時から。入場無料だが、整理券が必要。問い合わせは勝毎光風社(0155・22・7555)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

室蘭民報

白老アイヌ協会が第一弾事業のカフェオープン【白老】

 一般社団法人格を今年5月に取得した白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、法人としての第1弾事業として「かふぇピラサレ」(アイヌ語で広げようの意味)を白老町コミュニティセンター1階にオープンさせた...

室蘭民報

幼稚園児がにっこり笑顔で「えったま収穫体験」【伊達】

 伊達市産越冬タマネギ「えったま333」の収穫体験が25日、伊達市上館山町のえったま共同圃場で開かれた。伊達幼稚園(河野美文園長)の園児たちが、真剣な表情で作業に当たっていた。  生産農家らで...

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...