北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

ゆで上がった「対州そば」

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる。シンポでは他にも2種類のそばを試食し、独特の風味を比べることにしている。

 中国南部を原産とするそばは、縄文時代後期に対馬を経由して日本列島にもたらされた。対州そばは苦味など原種に近い特性を持つ。対馬は離島のため種が守られ、現在に至る。

 「縄文の味」としてマスコミでも紹介され、4月には「対州そば」の名称が農水省の地理的表示保護制度に登録された。

 12日夜には同公民館で、新得蕎麦倶楽部(湯浅佳行代表)による対州そばの試し打ちが行われた。水加減などは難しかったが、ゆでた麺は透明感があり、コシが強く、会員は「いける味」と太鼓判を押した。

 シンポでは「レラノカオリ」(新得町産)、「キタノマシュウ」(釧路管内弟子屈町産)も試食。会員は「それぞれの味に個性があり、味比べが楽しみ」と話していた。

 シンポは午後2時から。入場無料だが、整理券が必要。問い合わせは勝毎光風社(0155・22・7555)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス