北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JR貨物も運転再開 特急は8日ぶり正常化【帯広】

貨物列車の運転が再開し、トラックで次々とコンテナが運び込まれるJR帯広貨物駅構内

 胆振東部地震の影響で8日間運休が続いていた帯広-札幌間の列車が14日、運転を全面再開した。農産物輸送の需要期を迎えているJR貨物の貨物列車が運転を開始したほか、13日に一部バス代行で運転をした道東と道央を結ぶ旅客輸送も、特急列車「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」が通常ダイヤで運行した。

 JR石勝線は地震の影響でレールのゆがみなどが見つかり、JR北海道が復旧活動や点検を進めていた。この影響で貨物列車も運休していた。

 JR貨物の貨物列車は帯広貨物駅-札幌貨物ターミナル駅間の運転を再開。再開後の最初の便となった午前3時12分札幌発の便は帯広に午前7時35分に到着。帯広発の便は午後2時26分、ジャガイモや砂糖、ニンジンなどを積み、札幌へ出発する。

 同社によると9、10月は農産物輸送がピークを迎える時期で、帯広貨物駅発も含め、北海道から本州への輸送は昨年実績で約250万トン。1年のうち、農作物を運ぶ秋の輸送割合は大きいという。このためJR貨物では12日から、帯広貨物駅-札幌貨物ターミナル駅間でトラックの代行輸送を実施。ただ輸送力は通常の貨物列車の約4分の1程度のため、早期復旧が望まれていた。同社は「農産品輸送が最盛期を迎えており、今後も安全、確実に輸送を行いたい」としている。

 また13日に一部バス代行を含み、釧路-札幌間で運転を再開したJR列車も「スーパーとかち」(帯広-札幌)、「スーパーおおぞら」(釧路-札幌)が始発から運転を再開。佐々木大輔帯広駅長は「再開にほっとしている。3連休に間に合いよかった」と話していた。

関連記事

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...

十勝毎日新聞

9月生まれおいで 3000円分のチケット贈呈【鹿追】

 鹿追町観光協会(坂本昌彦会長)は、9月生まれの町外在住者に、町内観光施設などで使える3000円分のチケットを贈呈する「ハッピーバースデーキャンペーン」を実施する。  町内への誘客を目的に20...

室蘭民報

室蘭市と宮古市が災害時相互支援で協定、フェリー活用【室蘭】

 昨年就航した定期フェリーで結ばれた室蘭市と岩手県宮古市が20日、災害時の相互応援や協力に関する協定を結んだ。海上インフラを最大限生かし、災害発生時に速やかに人や物資の応援を要請・派遣するほか、...