北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JR貨物も運転再開 特急は8日ぶり正常化【帯広】

貨物列車の運転が再開し、トラックで次々とコンテナが運び込まれるJR帯広貨物駅構内

 胆振東部地震の影響で8日間運休が続いていた帯広-札幌間の列車が14日、運転を全面再開した。農産物輸送の需要期を迎えているJR貨物の貨物列車が運転を開始したほか、13日に一部バス代行で運転をした道東と道央を結ぶ旅客輸送も、特急列車「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」が通常ダイヤで運行した。

 JR石勝線は地震の影響でレールのゆがみなどが見つかり、JR北海道が復旧活動や点検を進めていた。この影響で貨物列車も運休していた。

 JR貨物の貨物列車は帯広貨物駅-札幌貨物ターミナル駅間の運転を再開。再開後の最初の便となった午前3時12分札幌発の便は帯広に午前7時35分に到着。帯広発の便は午後2時26分、ジャガイモや砂糖、ニンジンなどを積み、札幌へ出発する。

 同社によると9、10月は農産物輸送がピークを迎える時期で、帯広貨物駅発も含め、北海道から本州への輸送は昨年実績で約250万トン。1年のうち、農作物を運ぶ秋の輸送割合は大きいという。このためJR貨物では12日から、帯広貨物駅-札幌貨物ターミナル駅間でトラックの代行輸送を実施。ただ輸送力は通常の貨物列車の約4分の1程度のため、早期復旧が望まれていた。同社は「農産品輸送が最盛期を迎えており、今後も安全、確実に輸送を行いたい」としている。

 また13日に一部バス代行を含み、釧路-札幌間で運転を再開したJR列車も「スーパーとかち」(帯広-札幌)、「スーパーおおぞら」(釧路-札幌)が始発から運転を再開。佐々木大輔帯広駅長は「再開にほっとしている。3連休に間に合いよかった」と話していた。

関連記事

室蘭民報

日光印刷が大型DM対応のフチ糊圧着折機導入【室蘭】

 日光印刷(室蘭市寿町、佐藤俊一代表取締役社長)は、A4サイズなど大型DMに対応したフチ糊(のり)圧着折機を新規導入した。道内の印刷会社では初めて。現在は透明袋に印刷物を入れるDMが主流だが...

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値...

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。...

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...