北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JR貨物も運転再開 特急は8日ぶり正常化【帯広】

貨物列車の運転が再開し、トラックで次々とコンテナが運び込まれるJR帯広貨物駅構内

 胆振東部地震の影響で8日間運休が続いていた帯広-札幌間の列車が14日、運転を全面再開した。農産物輸送の需要期を迎えているJR貨物の貨物列車が運転を開始したほか、13日に一部バス代行で運転をした道東と道央を結ぶ旅客輸送も、特急列車「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」が通常ダイヤで運行した。

 JR石勝線は地震の影響でレールのゆがみなどが見つかり、JR北海道が復旧活動や点検を進めていた。この影響で貨物列車も運休していた。

 JR貨物の貨物列車は帯広貨物駅-札幌貨物ターミナル駅間の運転を再開。再開後の最初の便となった午前3時12分札幌発の便は帯広に午前7時35分に到着。帯広発の便は午後2時26分、ジャガイモや砂糖、ニンジンなどを積み、札幌へ出発する。

 同社によると9、10月は農産物輸送がピークを迎える時期で、帯広貨物駅発も含め、北海道から本州への輸送は昨年実績で約250万トン。1年のうち、農作物を運ぶ秋の輸送割合は大きいという。このためJR貨物では12日から、帯広貨物駅-札幌貨物ターミナル駅間でトラックの代行輸送を実施。ただ輸送力は通常の貨物列車の約4分の1程度のため、早期復旧が望まれていた。同社は「農産品輸送が最盛期を迎えており、今後も安全、確実に輸送を行いたい」としている。

 また13日に一部バス代行を含み、釧路-札幌間で運転を再開したJR列車も「スーパーとかち」(帯広-札幌)、「スーパーおおぞら」(釧路-札幌)が始発から運転を再開。佐々木大輔帯広駅長は「再開にほっとしている。3連休に間に合いよかった」と話していた。

関連記事

函館新聞

若者特化のコワーキング「D-SPACE」開設【函館】

 グローバル・エデュケーション・デザイン(藤澤義博社長)は12日、函館市杉並町8のオカダビル1階にコミュニティ&コワーキング・ラボラトリー「D-SPACE(ディー・スペース)」(菊地優代表)を開...

函館新聞

函館どつくで今年最後の進水式【函館】

 函館どつく函館造船所(函館市弁天町)の今年最後の進水式が13日、同造船所で行われた。約300人が見物に訪れ、パナマの海運会社が発注した新造船「レミーエンタープライズ」(2万1550トン)の雄姿...

釧路新聞

市職員が考案の納税キャラ、ネットで話題【釧路】

 釧路市の納税課が生んだキャラクター「おさむ(仮)」が、「見た目の衝撃がすごい」とインターネット上を中心に話題を呼んでいる。インターネット交流サイト(SNS)内では「釧路に興味を持った」などと肯...

日高報知新聞

旅した時代を振り返る【平取】

【平取】英国の女性旅行家イザベラ・バードの来道140周年記念シンポジウム「写真でたどるバードの道」が10日、町内二風谷の沙流川歴史館で開かれた。イザベラ・バードの道を辿る会主催。  バード女史は明...

日高報知新聞

「飲酒運転根絶宣言事業者」

 飲酒運転根絶を一層推進するため、日高振興局は9日から「飲酒運転根絶宣言事業者等登録制度」の登録事業者の募集を開始した。この制度は道と道警が連携して行う道内で初の取り組みで、12月から登録証の交付を...