北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部地震被災者を入浴支援 苫小牧港に防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊

「はくおう」で入浴を楽しむ親子=13日午後5時ごろ

 胆振東部地震の被災者を支援しようと、防衛省や国土交通省が係留船舶による入浴支援を展開している。苫小牧港・西港に珍しい船が次々と訪れ、13日からは防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊。同船では陸自第7師団指揮下の第7音楽隊(鍋澤勇雄隊長)が音楽演奏も行っており、厚真、安平、むかわ各町の被災者に癒やしを提供している。

 防衛省の入浴支援は7日から、海自の砕氷艦「しらせ」、掃海艇「いずしま」が行っており、13日から交代で「はくおう」を北埠頭(ふとう)に入港させた。10日以降には国交省の油回収船「白山」も展開した。

 「はくおう」は西日本豪雨の被災地支援にも使った船で、18日まで支援する見通し。胆振東部3町の被災者が利用でき、陸自第7師団が送迎バスを運行している。

 浴場定員は男女約20人ずつで午後3~同11時に入浴でき、風呂上がりにはお茶やジュースなどを無料で配っている。洗濯ランドリーは無料で使え、横になって伸び伸びと休める休憩スペース、絵本や縫いぐるみなどがあるキッズルームなども開放している。

 同船の開放初日は開始3時間で約50人が訪れ、船から太平洋などを一望しながら入浴を楽しんだ。厚真町で避難所生活を余儀なくされている嶋田真二郎さん(36)、清十朗君(7)親子は「気晴らしになるのでとてもありがたい」と喜んでいた。

 13日からは同船で第7音楽隊の「演奏支援」もスタート。18日まで毎日午後6時から、10人弱の小グループで演奏や歌を披露する予定で、初日はサックスやギター、歌などを担当する8人で30分近くのコンサート。親子連れを中心に約20人が訪れ、「アンパンマン」や「となりのトトロメドレー」などを聴いた。

 アンコールではキロロの「未来へ」の熱唱もあり、思わず目頭を熱くする被災者も。同音楽隊は被災地でも演奏活動を展開中で、カホンを演奏した竹内茜三曹(28)は「皆さんはいろんな思いをされている。一瞬でも、少しでも、心が癒やされて、楽しい時間を過ごしていただければ」と話していた。

「はくおう」船内で演奏する第7音楽隊=13日午後6時ごろ

関連記事

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。2人は...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...

室蘭民報

今年もシードル造りにリンゴ1800キロを搾汁【壮瞥】

 壮瞥町の農・商工業者、観光業者でつくるそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)が開発したスパークリングアップルジュースの搾汁作業が今年も、町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実...