北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部地震被災者を入浴支援 苫小牧港に防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊

「はくおう」で入浴を楽しむ親子=13日午後5時ごろ

 胆振東部地震の被災者を支援しようと、防衛省や国土交通省が係留船舶による入浴支援を展開している。苫小牧港・西港に珍しい船が次々と訪れ、13日からは防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊。同船では陸自第7師団指揮下の第7音楽隊(鍋澤勇雄隊長)が音楽演奏も行っており、厚真、安平、むかわ各町の被災者に癒やしを提供している。

 防衛省の入浴支援は7日から、海自の砕氷艦「しらせ」、掃海艇「いずしま」が行っており、13日から交代で「はくおう」を北埠頭(ふとう)に入港させた。10日以降には国交省の油回収船「白山」も展開した。

 「はくおう」は西日本豪雨の被災地支援にも使った船で、18日まで支援する見通し。胆振東部3町の被災者が利用でき、陸自第7師団が送迎バスを運行している。

 浴場定員は男女約20人ずつで午後3~同11時に入浴でき、風呂上がりにはお茶やジュースなどを無料で配っている。洗濯ランドリーは無料で使え、横になって伸び伸びと休める休憩スペース、絵本や縫いぐるみなどがあるキッズルームなども開放している。

 同船の開放初日は開始3時間で約50人が訪れ、船から太平洋などを一望しながら入浴を楽しんだ。厚真町で避難所生活を余儀なくされている嶋田真二郎さん(36)、清十朗君(7)親子は「気晴らしになるのでとてもありがたい」と喜んでいた。

 13日からは同船で第7音楽隊の「演奏支援」もスタート。18日まで毎日午後6時から、10人弱の小グループで演奏や歌を披露する予定で、初日はサックスやギター、歌などを担当する8人で30分近くのコンサート。親子連れを中心に約20人が訪れ、「アンパンマン」や「となりのトトロメドレー」などを聴いた。

 アンコールではキロロの「未来へ」の熱唱もあり、思わず目頭を熱くする被災者も。同音楽隊は被災地でも演奏活動を展開中で、カホンを演奏した竹内茜三曹(28)は「皆さんはいろんな思いをされている。一瞬でも、少しでも、心が癒やされて、楽しい時間を過ごしていただければ」と話していた。

「はくおう」船内で演奏する第7音楽隊=13日午後6時ごろ

関連記事

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...

室蘭民報

少年バレーチーム・WIN海陽の男子が全道制す【室蘭】

 室蘭の少年バレーボールチーム、WIN海陽・男子(三浦幸三監督)が、ななかまど杯第24回北海道小学生バレーボール大会で優勝した。持ち前の粘り強い守備で強豪に競り勝ち、初の栄冠をつかんだ。  ...

室蘭民報

88歳の男性が道路横断中に車にはねられ死亡【室蘭】

 13日午後3時40分ごろ、室蘭市高砂町1の道道782号線(中島・鷲別大通線)で、道路を横断していた室蘭市中島町3、無職、石井義士さん(88)が軽乗用車にはねられた。頭などを強く打ち、病院に運...