北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部地震被災者を入浴支援 苫小牧港に防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊

「はくおう」で入浴を楽しむ親子=13日午後5時ごろ

 胆振東部地震の被災者を支援しようと、防衛省や国土交通省が係留船舶による入浴支援を展開している。苫小牧港・西港に珍しい船が次々と訪れ、13日からは防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊。同船では陸自第7師団指揮下の第7音楽隊(鍋澤勇雄隊長)が音楽演奏も行っており、厚真、安平、むかわ各町の被災者に癒やしを提供している。

 防衛省の入浴支援は7日から、海自の砕氷艦「しらせ」、掃海艇「いずしま」が行っており、13日から交代で「はくおう」を北埠頭(ふとう)に入港させた。10日以降には国交省の油回収船「白山」も展開した。

 「はくおう」は西日本豪雨の被災地支援にも使った船で、18日まで支援する見通し。胆振東部3町の被災者が利用でき、陸自第7師団が送迎バスを運行している。

 浴場定員は男女約20人ずつで午後3~同11時に入浴でき、風呂上がりにはお茶やジュースなどを無料で配っている。洗濯ランドリーは無料で使え、横になって伸び伸びと休める休憩スペース、絵本や縫いぐるみなどがあるキッズルームなども開放している。

 同船の開放初日は開始3時間で約50人が訪れ、船から太平洋などを一望しながら入浴を楽しんだ。厚真町で避難所生活を余儀なくされている嶋田真二郎さん(36)、清十朗君(7)親子は「気晴らしになるのでとてもありがたい」と喜んでいた。

 13日からは同船で第7音楽隊の「演奏支援」もスタート。18日まで毎日午後6時から、10人弱の小グループで演奏や歌を披露する予定で、初日はサックスやギター、歌などを担当する8人で30分近くのコンサート。親子連れを中心に約20人が訪れ、「アンパンマン」や「となりのトトロメドレー」などを聴いた。

 アンコールではキロロの「未来へ」の熱唱もあり、思わず目頭を熱くする被災者も。同音楽隊は被災地でも演奏活動を展開中で、カホンを演奏した竹内茜三曹(28)は「皆さんはいろんな思いをされている。一瞬でも、少しでも、心が癒やされて、楽しい時間を過ごしていただければ」と話していた。

「はくおう」船内で演奏する第7音楽隊=13日午後6時ごろ

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...