北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部地震被災者を入浴支援 苫小牧港に防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊

「はくおう」で入浴を楽しむ親子=13日午後5時ごろ

 胆振東部地震の被災者を支援しようと、防衛省や国土交通省が係留船舶による入浴支援を展開している。苫小牧港・西港に珍しい船が次々と訪れ、13日からは防衛省のチャーター船「はくおう」が停泊。同船では陸自第7師団指揮下の第7音楽隊(鍋澤勇雄隊長)が音楽演奏も行っており、厚真、安平、むかわ各町の被災者に癒やしを提供している。

 防衛省の入浴支援は7日から、海自の砕氷艦「しらせ」、掃海艇「いずしま」が行っており、13日から交代で「はくおう」を北埠頭(ふとう)に入港させた。10日以降には国交省の油回収船「白山」も展開した。

 「はくおう」は西日本豪雨の被災地支援にも使った船で、18日まで支援する見通し。胆振東部3町の被災者が利用でき、陸自第7師団が送迎バスを運行している。

 浴場定員は男女約20人ずつで午後3~同11時に入浴でき、風呂上がりにはお茶やジュースなどを無料で配っている。洗濯ランドリーは無料で使え、横になって伸び伸びと休める休憩スペース、絵本や縫いぐるみなどがあるキッズルームなども開放している。

 同船の開放初日は開始3時間で約50人が訪れ、船から太平洋などを一望しながら入浴を楽しんだ。厚真町で避難所生活を余儀なくされている嶋田真二郎さん(36)、清十朗君(7)親子は「気晴らしになるのでとてもありがたい」と喜んでいた。

 13日からは同船で第7音楽隊の「演奏支援」もスタート。18日まで毎日午後6時から、10人弱の小グループで演奏や歌を披露する予定で、初日はサックスやギター、歌などを担当する8人で30分近くのコンサート。親子連れを中心に約20人が訪れ、「アンパンマン」や「となりのトトロメドレー」などを聴いた。

 アンコールではキロロの「未来へ」の熱唱もあり、思わず目頭を熱くする被災者も。同音楽隊は被災地でも演奏活動を展開中で、カホンを演奏した竹内茜三曹(28)は「皆さんはいろんな思いをされている。一瞬でも、少しでも、心が癒やされて、楽しい時間を過ごしていただければ」と話していた。

「はくおう」船内で演奏する第7音楽隊=13日午後6時ごろ

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...