北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イオン静内店休業続く【新ひだか】

地震被災で臨時休業を続けているイオン静内店

【新ひだか】イオン北海道(本社・札幌)が運営する道内40店舗のイオン店の中で、6日の胆振東部地震により建物の損壊被害を受けた静内末広町2のイオン静内店だけが13日現在も唯一店舗再開ができず、臨時休業している。同店本社では「建物の損傷もあり、現在どのような状態なのか調査している。いつ店舗を再開できるかは現段階では明確には言えない」と話し、営業再開の見通しは立っていない。

 2階建てのイオン静内店は平成10年11月に新店舗を建設。延べ面積は1万3057平方㍍。食品や衣料、日用品のほか各テナントが入り、日高管内では最大の商業施設となっている。

 今回の地震による建物損壊は外壁部分でも確認でき、東側位入口付近は土台に近い部分が壊れ、鉄筋などが見える状態。丸1週間経過した現在も、建物内外部の損傷度合の調査などが続いている。

 静内店では地震直後から西側駐車場で飲料品やインスタント食品、日常品などの臨時販売所を設け運営。パン類、卵、野菜なども継続販売していたが、周辺の食品スーパーやコンビニなどの品不足が解消されてきたため、13日を最後に店舗前販売を止める予定。

 イオン北海道本社では「建物の損害調査を進めながら、再開に向けどのようなことが可能かを検討していきたい」としている。

 静内店の位置する末広町や隣接の山手町一帯は地盤が悪く、今回の地震で震度5強を記録した店舗に近い山手小でも校庭の国旗掲揚台が傾いた。

 また、平成15年9月発生の大地震で、静内店に近い山手町の現図書館・博物館道路向かいにあった静内文化センターが大きく損壊。この時は建物を支える杭が折れたり傾き、床基礎杭の杭頭部分が大きく損傷。ホール部分も致命的な断裂破損カ所があり、床自体も傾いたため、最終的には取り壊して防災公園にしている。

破損し鉄筋が見える東側入口付近の外壁

関連記事

苫小牧民報

白老でヒグマ出没相次ぐ 社台地区に箱わな設置、農業被害拡大防止へ

 胆振日高管内の官民連携組織「北海道新幹線×nittan(日胆)地域戦略会議」(会長・岩倉博文苫小牧市長)が、来年4月24日に白老町で開設するアイヌ文化の復興拠点「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポ...

苫小牧民報

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...