北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イオン静内店休業続く【新ひだか】

地震被災で臨時休業を続けているイオン静内店

【新ひだか】イオン北海道(本社・札幌)が運営する道内40店舗のイオン店の中で、6日の胆振東部地震により建物の損壊被害を受けた静内末広町2のイオン静内店だけが13日現在も唯一店舗再開ができず、臨時休業している。同店本社では「建物の損傷もあり、現在どのような状態なのか調査している。いつ店舗を再開できるかは現段階では明確には言えない」と話し、営業再開の見通しは立っていない。

 2階建てのイオン静内店は平成10年11月に新店舗を建設。延べ面積は1万3057平方㍍。食品や衣料、日用品のほか各テナントが入り、日高管内では最大の商業施設となっている。

 今回の地震による建物損壊は外壁部分でも確認でき、東側位入口付近は土台に近い部分が壊れ、鉄筋などが見える状態。丸1週間経過した現在も、建物内外部の損傷度合の調査などが続いている。

 静内店では地震直後から西側駐車場で飲料品やインスタント食品、日常品などの臨時販売所を設け運営。パン類、卵、野菜なども継続販売していたが、周辺の食品スーパーやコンビニなどの品不足が解消されてきたため、13日を最後に店舗前販売を止める予定。

 イオン北海道本社では「建物の損害調査を進めながら、再開に向けどのようなことが可能かを検討していきたい」としている。

 静内店の位置する末広町や隣接の山手町一帯は地盤が悪く、今回の地震で震度5強を記録した店舗に近い山手小でも校庭の国旗掲揚台が傾いた。

 また、平成15年9月発生の大地震で、静内店に近い山手町の現図書館・博物館道路向かいにあった静内文化センターが大きく損壊。この時は建物を支える杭が折れたり傾き、床基礎杭の杭頭部分が大きく損傷。ホール部分も致命的な断裂破損カ所があり、床自体も傾いたため、最終的には取り壊して防災公園にしている。

破損し鉄筋が見える東側入口付近の外壁

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...