北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

まちセンの救命講習が継続1年 22日も開催【函館】

救命講習会などへの参加を呼び掛ける谷口さん

 NPO法人「救命のリレー普及会」(田中正博理事長)は22日、救命講習会を市地域交流まちづくりセンターで開く。同センターの協力で昨年10月以降、毎月1回以上の講習会を開催。これまでに心肺蘇生や自動体外式除細動器(AED)の操作方法など延べ186人が学び、万が一の場面で適切な対応ができる市民を増やす取り組みを1年にわたって継続している。

 救命講習会は、市民を交えながら、不特定多数の人が出入りする同センターのスタッフも全員受講できるように昨年10月と11月の2回の開催を企画した。

 初回の講習会終了から5日後、同センターで活動するスポーツクラブの男性が運動中に意識を失う事態が発生。その場にいた人や、講習を受講したばかりだった同センターの谷口真貴さんらスタッフが対応し、救急隊到着までに胸骨圧迫の継続やAEDによる除細動を2回行うなどの適切な処置で、男性は一命を取り留めることができたという。

 2007年の同センター開設以来、館内で救命措置が必要となる事態は初めてで、受講経験が即座に役立った谷口さんは「倒れた人を見てもどうしていいか分からない人が多いはず。対処方法を身につけることが常日頃から大切だと分かった」と話す。以降、毎月田中理事長が指導する講習会を継続し、8月までに心肺蘇生やAED操作を学ぶ救命講習会13回と、止血方法などを学ぶ機会や乳幼児への対応を学ぶ関連の講習会を5回開催した。

 22日は午前10時から救命講習会「突然死ゼロを目指して」、午後1時半から「三角巾を使った止血・応急手当を学ぼう会」をそれぞれ開催。定員は各20人程度で、氏名、生年月日、連絡先を添えて申し込む。参加無料。両講習会は10月8日も同時間帯で開催。申し込みは同センター(0138・22・9700)へ。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...