北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

まちセンの救命講習が継続1年 22日も開催【函館】

救命講習会などへの参加を呼び掛ける谷口さん

 NPO法人「救命のリレー普及会」(田中正博理事長)は22日、救命講習会を市地域交流まちづくりセンターで開く。同センターの協力で昨年10月以降、毎月1回以上の講習会を開催。これまでに心肺蘇生や自動体外式除細動器(AED)の操作方法など延べ186人が学び、万が一の場面で適切な対応ができる市民を増やす取り組みを1年にわたって継続している。

 救命講習会は、市民を交えながら、不特定多数の人が出入りする同センターのスタッフも全員受講できるように昨年10月と11月の2回の開催を企画した。

 初回の講習会終了から5日後、同センターで活動するスポーツクラブの男性が運動中に意識を失う事態が発生。その場にいた人や、講習を受講したばかりだった同センターの谷口真貴さんらスタッフが対応し、救急隊到着までに胸骨圧迫の継続やAEDによる除細動を2回行うなどの適切な処置で、男性は一命を取り留めることができたという。

 2007年の同センター開設以来、館内で救命措置が必要となる事態は初めてで、受講経験が即座に役立った谷口さんは「倒れた人を見てもどうしていいか分からない人が多いはず。対処方法を身につけることが常日頃から大切だと分かった」と話す。以降、毎月田中理事長が指導する講習会を継続し、8月までに心肺蘇生やAED操作を学ぶ救命講習会13回と、止血方法などを学ぶ機会や乳幼児への対応を学ぶ関連の講習会を5回開催した。

 22日は午前10時から救命講習会「突然死ゼロを目指して」、午後1時半から「三角巾を使った止血・応急手当を学ぼう会」をそれぞれ開催。定員は各20人程度で、氏名、生年月日、連絡先を添えて申し込む。参加無料。両講習会は10月8日も同時間帯で開催。申し込みは同センター(0138・22・9700)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...