北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

地震で飲食業ダメージ大 シエスタで客呼び戻すキャンペーン【函館】

ポスターを手に「頑張ろう北海道復興支援キャンペーン」をPRするシエスタハコダテのスタッフ

 胆振東部地震が起きた6日以降、函館市内の飲食店では客足が遠のき、大きな影響が及んでいる。観光客の減少に加え、市民の相次ぐ宴会のキャンセルなどが要因。こうした中、函館市本町のシエスタハコダテ地下1階で、飲食テナント12店が入居する「シエスタキッチン」は客を呼び戻そうと、15日から割引サービスなどをそろえたキャンペーンを展開。「普段通りの生活に戻り、外出を楽しんで」とPRしている。

 「大地震以降に予約があった宴会はほぼ中止。海外客の来店などでせっかく売り上げが好調だったのに、相当な影響が出た」。市内で居酒屋3店を経営する「活魚料理いか清」の室田秀文社長は、頭を抱える。

 6日以降、3店で予約があった宴会を合わせると、約300人分がキャンセル。見込んでいた150万円程度の売り上げが消えた。個人客の来店も減っていたが、13日から少しずつ戻りつつあるという。

 26店が軒を連ねる函館市松風町の屋台村「大門横丁」も震災以降、客足が途絶えた。9日に全店が通常営業に戻ったが、運営する「はこだてティーエムオー(TMO)」は「観光客だけでなく地元客も減った。震災前と比べると、客足は8割落ち込んだ」とする。

 観光客に比べて地元客が多く訪れるシエスタハコダテも影響を受けた。パン店など一部は、当面の食料を確保しようとする客の姿が多くみられたが、ビルを運営するSPC函館本町開発によると、6日以降の全体の客数は前年の8割にも及ばないという。

 市民に外出を控えるムードが広がる中、「このままでは市内の飲食業界が崩壊してしまう」と危機感を持った同社は、13日のテナント会で対応を協議。来店を促そうと「頑張ろう北海道復興支援キャンペーン」と銘打ち、1~3階の無印良品で、税込み1000円以上購入したレシートをシエスタキッチン各店で提示すると、5~10%の割り引きが受けられるなど多彩な特典を用意した。

 キャンペーンは10月末まで。売り上げの一部を寄付し、胆振東部地震の被災地の復興支援に役立ててもらう。同社の布村隆二社長は「外出することで家庭の節電にもつながる。こういう時こそ市民に普段の生活を心掛けてもらい、キャンペーン効果を市内に波及させたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...