北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

地震で飲食業ダメージ大 シエスタで客呼び戻すキャンペーン【函館】

ポスターを手に「頑張ろう北海道復興支援キャンペーン」をPRするシエスタハコダテのスタッフ

 胆振東部地震が起きた6日以降、函館市内の飲食店では客足が遠のき、大きな影響が及んでいる。観光客の減少に加え、市民の相次ぐ宴会のキャンセルなどが要因。こうした中、函館市本町のシエスタハコダテ地下1階で、飲食テナント12店が入居する「シエスタキッチン」は客を呼び戻そうと、15日から割引サービスなどをそろえたキャンペーンを展開。「普段通りの生活に戻り、外出を楽しんで」とPRしている。

 「大地震以降に予約があった宴会はほぼ中止。海外客の来店などでせっかく売り上げが好調だったのに、相当な影響が出た」。市内で居酒屋3店を経営する「活魚料理いか清」の室田秀文社長は、頭を抱える。

 6日以降、3店で予約があった宴会を合わせると、約300人分がキャンセル。見込んでいた150万円程度の売り上げが消えた。個人客の来店も減っていたが、13日から少しずつ戻りつつあるという。

 26店が軒を連ねる函館市松風町の屋台村「大門横丁」も震災以降、客足が途絶えた。9日に全店が通常営業に戻ったが、運営する「はこだてティーエムオー(TMO)」は「観光客だけでなく地元客も減った。震災前と比べると、客足は8割落ち込んだ」とする。

 観光客に比べて地元客が多く訪れるシエスタハコダテも影響を受けた。パン店など一部は、当面の食料を確保しようとする客の姿が多くみられたが、ビルを運営するSPC函館本町開発によると、6日以降の全体の客数は前年の8割にも及ばないという。

 市民に外出を控えるムードが広がる中、「このままでは市内の飲食業界が崩壊してしまう」と危機感を持った同社は、13日のテナント会で対応を協議。来店を促そうと「頑張ろう北海道復興支援キャンペーン」と銘打ち、1~3階の無印良品で、税込み1000円以上購入したレシートをシエスタキッチン各店で提示すると、5~10%の割り引きが受けられるなど多彩な特典を用意した。

 キャンペーンは10月末まで。売り上げの一部を寄付し、胆振東部地震の被災地の復興支援に役立ててもらう。同社の布村隆二社長は「外出することで家庭の節電にもつながる。こういう時こそ市民に普段の生活を心掛けてもらい、キャンペーン効果を市内に波及させたい」と話している。

関連記事

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...