北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

さよなら上厚内駅 建物解体作業始まる【浦幌】

本格的な駅舎の解体作業が始まった旧上厚内駅。まず木造の便所が取り壊された

 昨年3月に廃止されたJR北海道の旧上厚内駅舎の本格的な解体作業が、15日始まった。現存する数少ない木造駅舎として鉄道ファンらに長きにわたって親しまれたが、まもなく姿を消す。

 1910年に信号所として開設。26年に一般駅に昇格、53年に改築され、旧国鉄時代の駅舎のたたずまいを今に伝えていた。解体後は信号場となる。

 道内の鉄道愛好家団体メンバーで江別市の会社員丸山裕司さん(53)は「時代の流れとはいえ寂しい。駅の物品は博物館に提供されると聞くので、上厚内駅の記憶が後世に伝えられることを願う」と話した。

 JR北海道釧路支社によると、解体作業は10日に足場を設置し、15~19日に駅舎などの建物を解体、26日までに整地し作業を終える。

 駅名標や運賃表乗車券保存箱、待合室ベンチなど約20点は浦幌町立博物館に資料として提供された。

 同博物館の持田誠学芸員は「小さな町が、産業遺産や古建築を継承していく厳しさを感じる。道内の鉄道は縮小傾向にあり、鉄道関係資料の確実な収集と保存が課題になる」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号【十勝】

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあ...

十勝毎日新聞

海鮮丼800食もりもり 格安「市場まつり」盛況【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)で25日、「市場まつり」が開かれた。特選海鮮丼や本マグロ、地場野菜などが格安で販売され、買い物客でにぎわった。  同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、...

十勝毎日新聞

帯広北高 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校...

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...