北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

さよなら上厚内駅 建物解体作業始まる【浦幌】

本格的な駅舎の解体作業が始まった旧上厚内駅。まず木造の便所が取り壊された

 昨年3月に廃止されたJR北海道の旧上厚内駅舎の本格的な解体作業が、15日始まった。現存する数少ない木造駅舎として鉄道ファンらに長きにわたって親しまれたが、まもなく姿を消す。

 1910年に信号所として開設。26年に一般駅に昇格、53年に改築され、旧国鉄時代の駅舎のたたずまいを今に伝えていた。解体後は信号場となる。

 道内の鉄道愛好家団体メンバーで江別市の会社員丸山裕司さん(53)は「時代の流れとはいえ寂しい。駅の物品は博物館に提供されると聞くので、上厚内駅の記憶が後世に伝えられることを願う」と話した。

 JR北海道釧路支社によると、解体作業は10日に足場を設置し、15~19日に駅舎などの建物を解体、26日までに整地し作業を終える。

 駅名標や運賃表乗車券保存箱、待合室ベンチなど約20点は浦幌町立博物館に資料として提供された。

 同博物館の持田誠学芸員は「小さな町が、産業遺産や古建築を継承していく厳しさを感じる。道内の鉄道は縮小傾向にあり、鉄道関係資料の確実な収集と保存が課題になる」と話している。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...