北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

シャクシャイン法要祭【新ひだか】

【新ひだか】アイヌ民族の英傑・シャクシャインをしのぶ「第72回法要祭」が、23日午前10時から静内真歌公園で開かれる。今回はシャクシャイン新像建立プロジェクト実行委員会(委員長・大川勝新ひだかアイヌ協会長)が進めてきた新しいシャクシャイン像の除幕式も予定されている。

 シャクシャインは17世紀後半、松前藩の圧迫や搾取に対し人間平等の理想と民族自衛のため立ち上がり、1669年10月23日に抗争していた和人との和睦交渉の席で謀殺されている。

 シャクシャイン像が建つゆかりの聖地の真歌の丘を会場に、アイヌ民族の長の偉業をたたえしのぶ法要祭は毎年、命日の1カ月ほど前の秋分の日に開催しており、法要祭実行委が主催する。

 当日は午前10時からシャクシャイン記念館内で関係者によるアペカムイノミ(火の神への祈り)の後、10時半から新しいシャクシャイン像前でカムイノミを行い、新像除幕式と参列者による礼拝を実施。

 11時40分から公園広場でハルランナ(もちまき)を行い、昼食にはアイヌ料理を提供する。

 午後1時からイチャルパ(先祖供養)やポロリムセ(輪踊り)などで法要を終了。

 2時半から4時半まで北海道アイヌ協会による第41回芸能文化交流会を開き、道内各地のアイヌ文化保存の活動団体が参加してアイヌ民族の古式舞踊などを披露。4時半から関係者による懇親交流会が行われる。  新像は8月31日に設置。工事に立ち会った大川委員長は「除幕式では人類平和を願うアイヌ同胞のメッセージを世界に発信したい」としている。

 老朽化が進んだ現在の像は取り壊す予定だが、像を設置した任意団体シャクシャイン顕彰会が補修する方針を示しているため、当面は新旧の像が並立する形となる。

関連記事

日高報知新聞

総額31億円、売却率過去最高【新ひだか】

【新ひだか】北海道市場のサラブレッド1歳馬の競り市「セレクションセール」(日高軽種馬農協主催)が16日、静内神森の同市場で開かれた。236頭(牡178頭、牝58頭)が上場し、197頭(牡154頭、...

日高報知新聞

馬を介した連携協定を結ぶ【浦河】

 浦河町と帯広畜産大学(奥田潔学長)と町内のNPO法人ピスカリ(江刺尚美代表理事)が16日、浦河町役場で馬を介した教育・研究・社会貢献活動に関する連携協定を結んだ。障がい者や高齢者に対する乗馬療...

根室新聞

北方墓参第2班が択捉島へ 一部は洋上慰霊に【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が18日朝、目的地の択捉島へ向けて四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港を出発した。墓参団(伊藤光作団長)は2泊3日の日程で同...

根室新聞

貝殻島サオマエコンブ値決め交渉 1等品は1万6500円【根室】

 根室水産ビルで行われていた今年の北方領土・貝殻島サオマエコンブ漁の値決め交渉が、16日に妥結した。今年の上場数量は昨年を下回る164トン。最高級の1等品価格は10キログラム当たり前年比100...

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将...