北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アルパカの赤ちゃん誕生 明るい話題で職員も笑顔-恵庭・えこりん村

母親の周りを元気に動き回るアルパカの赤ちゃん

 恵庭市牧場のテーマパークえこりん村で13日、アルパカの赤ちゃんが誕生した。えこりん村で繁殖し、生まれたアルパカは2年ぶり3頭目。全身が濃い茶色の雌で、元気いっぱいに母親の周りを動き回っている。台風と地震の被害からの復旧作業に追われていた職員らも、新しい命の誕生を喜び明るい表情を見せている。

 2年前に生まれたチョコ(雌)の父親ムー(7歳)と母親ハンナ(同)の2頭目の子で、茶一色の毛並みは父親譲り。8月下旬ごろからハンナが出産の兆候を見せていたが、なかなか生まれず飼育員が気をもんでいたところ、12日夕方から母乳が出始め、翌朝8時すぎにようやく待望の出産に至った。

 赤ちゃんの出生時の体重は8キロ。母子ともに健康で、ハンナは飼育員が赤ちゃんの体重を計ろうと抱き上げると怒ったような声を出すなど、強い母性を示している。暖かい日中に親子で厩舎の外に出すと、赤ちゃんは心配する母親をよそに好奇心旺盛な様子で辺りを歩き回っている。

 カメラを向ける記者を怖がる様子もなく自分から近づいてくるなど、姉のチョコと同様に人懐っこく、「サービス精神旺盛で人気者になりそう」と飼育員は目を細める。今後、1週間ほど様子を見ながら少しずつ外の環境に慣らしていき、22日には一般公開を予定している。

 えこりん村は4日夜から5日未明にかけて接近した台風21号の影響で園地内の木が多数倒れ、その復旧が終わらないうちに6日未明の胆振東部地震による停電で地下水をくみ上げるポンプが止まり、水の供給がストップ。電気と水が戻った後も倒木の処理などの復旧作業に追われ、10日まで閉園していた。

 ようやく営業を再開した矢先の明るいニュースに、職員は「通常より少し早いが、こんな時だからこそ赤ちゃんの愛らしい姿を見て笑顔になってもらえれば」と一般公開の予定を早めた。14日からはホームページ上で赤ちゃんの名前の公募も開始。9月末まで受け付け、10月6~8日のイベント「ひつじ祭」で発表する。

 名前の応募はメールで、1人1通限り。件名に「アルパカお名前」と記入し、赤ちゃんの名前と応募者の名前、連絡先を明記してjimukyoku.1@ecorinmura.comまで。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...