北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列【清水】

数種類の肉丼を食べ比べする家族連れ

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。

 肉ざんまいのイベントで「肉のまち」をPRしようと初開催。今春、日本記念日協会(東京)の登録認定を受けた記念日「牛(9)」「とろ(16)」の日に合わせた。

 会場では新・ご当地グルメグランプリ北海道で3連覇し殿堂入りした十勝清水牛玉ステーキ丼をはじめ、牛とろ丼、北海地鶏ステーキ丼、サフォーク丼などの出店ブースが並んだ。肉のおいしそうな匂いが漂う中、各ブースには午前10時の開会前から行列ができ、午前中に完売となる肉丼も。

 家族4人で訪れた清水小5年の男子児童(11)はお目当ての牛とろ丼を食べ「トロトロして口の中で溶けた。きょうは3種類の肉丼を食べたい」と笑顔だった。

 ダンスなど多彩なステージイベントも行われ、胆振東部地震の災害支援の募金箱も設置された。

 開会式では阿部一男町長が「一昨年の台風で清水も大きな被害を受けたが、全国の皆さまの支援でこのような催しを開催できるほど元気になった。被災地の方に恩返しできれば」とあいさつした。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...