北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

ギャラリーツアーで仕掛け弓について解説する山崎さん

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。

 アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国民的な理解と伝承者の伝承意欲向上を図ることを目的に、平成9年から毎年開催。今回も国土交通省、道教委、道アイヌ協会が後援し、秋田県立博物館、釧路市立博物館、国立民族学博物館、斜里町立知床博物館、東京国立博物館、道立北方民族博物館が出品協力している。

 キムンカムイはアイヌ語で「山にいる神」であるクマ(ヒグマ)を意味する。展覧会では、アイヌとクマの四季折々の営みをさまざまな道具や写真で紹介。アイヌの人々と同様に、クマなどの大型獣を捕る「マタギ」の等身大人形なども展示しており、約200点もの貴重な資料を観覧することができる。

 開場を前に開会式が行われ、主催者を代表してアイヌ民族文化財団(札幌市)の中村睦男理事長は「新ひだか町では9月23日にシャクシャイン法要祭が開催され、国内各地から大勢のアイヌの方々が集まる。このような地でこの時期に、このような展覧会を開催できることをたいへんうれしく思っている」、大野克之町長は父親がアイヌの人たちと一緒にシカやクマを捕るために猟銃の弾に火薬を詰めていた記憶を披露し、「展覧会は立派なものになっているので、広く多くの方々に見てもらいたい」とそれぞれあいさつ。

 来賓として国立アイヌ民族博物館設立準備室の佐々木史郎主幹・学術博士、新ひだかアイヌ協会の大川勝会長、三石アイヌ協会の幌村司会長、展覧会の企画に携わった企画委員長の函館市縄文文化交流センターの長谷部一弘館長代理らが紹介された。

 この後、一般も含め約30人が参加してギャラリーツアーが行われ、アイヌ文化を北大アイヌ・先住民研究センター准教授の山崎幸治さん、クマの生態を知床財団保護管理研究係主任の葛西真輔さんがそれぞれ解説。

 山崎さんはクマやシカ、キツネなどを捕獲する仕掛け弓について「アイヌの人々の長年の知恵で、糸のゆるみ具合や高さを変えていて、クマには心臓に当たるようにしていた」、葛西さんは夏のクマについて「繁殖シーズンだが食料に乏しく、農作物によく被害がある。8月中旬から9月上旬にかけて樺太マスがそ上するので、食料事情はガラッと変わってくる」と説明していた。

アイヌのさまざまな装飾品や儀礼道具も展示

関連記事

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...