北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

ギャラリーツアーで仕掛け弓について解説する山崎さん

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。

 アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国民的な理解と伝承者の伝承意欲向上を図ることを目的に、平成9年から毎年開催。今回も国土交通省、道教委、道アイヌ協会が後援し、秋田県立博物館、釧路市立博物館、国立民族学博物館、斜里町立知床博物館、東京国立博物館、道立北方民族博物館が出品協力している。

 キムンカムイはアイヌ語で「山にいる神」であるクマ(ヒグマ)を意味する。展覧会では、アイヌとクマの四季折々の営みをさまざまな道具や写真で紹介。アイヌの人々と同様に、クマなどの大型獣を捕る「マタギ」の等身大人形なども展示しており、約200点もの貴重な資料を観覧することができる。

 開場を前に開会式が行われ、主催者を代表してアイヌ民族文化財団(札幌市)の中村睦男理事長は「新ひだか町では9月23日にシャクシャイン法要祭が開催され、国内各地から大勢のアイヌの方々が集まる。このような地でこの時期に、このような展覧会を開催できることをたいへんうれしく思っている」、大野克之町長は父親がアイヌの人たちと一緒にシカやクマを捕るために猟銃の弾に火薬を詰めていた記憶を披露し、「展覧会は立派なものになっているので、広く多くの方々に見てもらいたい」とそれぞれあいさつ。

 来賓として国立アイヌ民族博物館設立準備室の佐々木史郎主幹・学術博士、新ひだかアイヌ協会の大川勝会長、三石アイヌ協会の幌村司会長、展覧会の企画に携わった企画委員長の函館市縄文文化交流センターの長谷部一弘館長代理らが紹介された。

 この後、一般も含め約30人が参加してギャラリーツアーが行われ、アイヌ文化を北大アイヌ・先住民研究センター准教授の山崎幸治さん、クマの生態を知床財団保護管理研究係主任の葛西真輔さんがそれぞれ解説。

 山崎さんはクマやシカ、キツネなどを捕獲する仕掛け弓について「アイヌの人々の長年の知恵で、糸のゆるみ具合や高さを変えていて、クマには心臓に当たるようにしていた」、葛西さんは夏のクマについて「繁殖シーズンだが食料に乏しく、農作物によく被害がある。8月中旬から9月上旬にかけて樺太マスがそ上するので、食料事情はガラッと変わってくる」と説明していた。

アイヌのさまざまな装飾品や儀礼道具も展示

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス