北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

グランプリを受賞したCherrysの森さん(左)、石田さん

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあふれるステージを繰り広げた。

 かなでーる協会(石崎幸男会長)の設立20周年記念として初開催。発表機会の少ない若手に大ホールならではの音響や照明を体感してもらおうと、4月から出演団体を募集してきた。

 開会式で石崎会長が「胆振東部地震の被災地に元気を与える演奏を」とあいさつしたのに続き、出演者のライブがスタートした。エレキギター、ドラムなどで編成したバンドやアカペラグループ、ギターの弾き語り、ブラスバンドなどが登場し、オリジナル曲やカバー曲を熱唱。観客も手拍子などして楽しんでいた。

 最高賞に当たる初代グランプリは、函館稜北高校2年の2人組バンド「Cherrys」が受賞。メンバーの森遥菜さん(16)と石田花梨さん(17)は「楽しく演奏できた。学校の先生にいろいろ協力していただき、感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

 結成4カ月で今回が初ステージだった高校生の5人組バンド「Glow」は奨励賞を受賞し、リーダーの吉田蓮君(16)=上磯高1年=は「大ホールで気持ち良く演奏できた。受賞は励みになる。これからどんどんライブをやりたい」と意欲を高めていた。

 このほかの受賞は次の通り。

 ▽準グランプリ=自転車泥棒▽審査員特別賞=NO NAME、インスタントレンズ、akari、ぽっきーれーす、函館水産高校吹奏楽部

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...