北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

自らもモデルになり、ウィッグの通販サイトを運営する佐藤さん

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36)。自らモデルとなりファッション性をアピールしたところ、時代のニーズをとらえ、全国から月に1000件を超える注文が入るようになった。

 佐藤さんは音更町出身。鹿追高、帯広大谷短大を卒業し、5年ほど帯広でアパレル関係の仕事に就いた。26歳で結婚し、陸別へ。「天然パーマで毛の薄さにも悩んでいた高校生の頃からウィッグを着けていた。洋服に合わせたファッションとして紹介したい」と思い、28歳で通販サイトを立ち上げた。

 海外の工場を探して契約、色合いや質を指示してオリジナル商品を生産。サイトは、ベーシックなウィッグの「本店」と、個性的な商品を並べる「vivid(ビビッド)」の2店舗を差別化して開設。「1年間、帯広に実店舗を構えたが、妊娠や通勤時間から通販に特化した」という。

 現在、取り扱うウィッグはロング(4750円)、ショート(3790円)、ポイント用など7種類。ネット上の口コミで広がり、自身がモデルとなるPRも功を奏し、売り上げは好調に推移している。

 経理上の理由で今年8月、サイトと同じ名称の合同会社を設立し、代表社員に。3人目の出産を控える主婦でもあり、「スタッフ3人中2人はママで、子育てに配慮した職場にしたい」と話す。社名のシュガーは名字の「佐藤」から、クランツは和を意味している。

 本州の顧客がほとんどで、リピーターも多い。佐藤さんは「ジェンダーレスの時代なのか男性の注文も多い。外国からのオーダーもある。医療用のニーズも高く、人毛の商品を増やそうと考えている。ウィッグの自然さを追求していきたい」と、今後の事業展開を見据えている。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...