北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫東厚真1号機が再稼働 節電要請を解除「安定的な運転可能に」

1号機が再稼働した苫東厚真火力発電所

 北海道電力は19日、胆振東部地震の影響で損傷し、緊急停止している苫東厚真火力発電所(厚真町、総出力165万キロワット)の全3基のうち、1号機(35万キロワット)が同日午前9時に復旧し再稼働を開始したと発表した。当初は18日中の再稼働を目指していたが、試運転の工程が遅れ、19日にずれ込んだ。経済産業省と北電は1号機の再稼働で電力供給の危機的な状況は脱したとして、需要1割減を目指す節電要請を解除した。

 北電の藤井裕副社長は18日午前に札幌市内で開いた記者会見で「きょう(18日)中に1号機は安定的な運転に移行できる」と見通しを発表していたが、ボイラー内で蒸気をつくる水の水質改善などに時間がかかり、再稼働時期は19日にずれ込んだ。北電では「17日から段階的に発電出力を上げながら試運転を行い、各機器の健全性に問題がないことを確認し、安定的な定格運転が可能な状態になった」と説明した。

 北電の電力供給力は1号機の再稼働で391万キロワットとなり、緊急時の本州からの送電分を含めると431万キロワットまで積み上がる見通し。ピーク需要は383万キロワットとみており、一定の余裕が生まれる。19日からはこれまでの節電要請を解除し、例年通りの冬に向けての「無理のない範囲での節電」に切り替えて協力を求めている。

 また、2号機(60万キロワット)については「10月中旬以降」、4号機(70万キロワット)については「11月以降」の復旧を目指している。

関連記事

日高報知新聞

吊り下げ装置からの落下事故【浦河】

 浦河労働基準監督署は、14日に日高管内の牧場で馬運車の箱(約1・8㌧)が門型の吊り下げ装置から落下し、作業員が死亡する事故が発生したことを受け、各町役場や浦河労働基準協会、日本中央競馬会日高育成牧...

日高報知新聞

運転免許を自主返納【新ひだか】

【新ひだか】運転免許自主返納に係る「ワンストップ窓口」が25日、町役場1階相談コーナーで開設された。静内警察署と静内地区交通安全協会、町、町交通安全協会などの共催。  静内警察署の窓口で、運転...

苫小牧民報

虎杖浜竹浦観光連合会が、アヨロ鼻灯台の周辺利用計画策定

 白老町の虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)は、虎杖浜にあるアヨロ鼻灯台の周辺利用計画(2019~23年度)を策定した。16年度に廃止された灯台や周辺区域を観光拠点として整備、活用の方向性を示...

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

十勝毎日新聞

ハスカップ手に笑顔 収穫体験始まる【士幌】

 士幌町下居辺の果樹ほ場で24日、ハスカップ狩りが始まった。たわわに実ったみずみずしいハスカップを求め、初日から多くの人たちが訪れている。7月8日まで。  果樹ほ場は同地区の住民有志でつくる...