北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

17日に川口地区に設置された「熊出没注意」の立て札

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山ブドウなど秋の山菜採りのシーズンを迎え、山に入る機会も増えることから、市農林課では「山に入る際は、十分気を付けてほしい」と注意を呼び掛けている。

 同課によると、今年度のヒグマの目撃情報は、今月17日に川口地区の国道44号で、親子のヒグマが目撃され、31件を数える。過去最多はこれまで平成21年度の28件で、記録を更新した。今年度は4月に5件の情報が寄せられたほか、毎月のように情報があり、8月には9件、今月に入り8件と、ヒグマの活動が活発化するのに合わせて目撃情報も増えている。

 特に9月以降は冬眠に向けて体に脂肪を蓄えるため捕食が活発になる時期で、山ブドウやキノコなど秋の山菜や果実などを食べるほか、そ上する秋サケなどを狙い、川岸などに出没するケースが多い。

 今年度の出没地域は、別当賀が10件と最も多く、次いで東梅の7件、川口の3件。また、半島部の友知や豊里でも各1件の目撃情報があった。8月14日には、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿を「道の駅スワン44ねむろ」の従業員が目撃。その後、春国岱駐車場の木道入り口周辺でヒグマの足跡が見つかったことから、全国からの寄付で改修した春国岱の木道「ふるさとの道」を一時利用禁止した。また、民宿の窓から室内を覗くヒグマの姿も目撃されている。

 これから実りの秋を迎え、山に入る市民も増える。一番恐ろしいのはヒグマと鉢合わせしてしまうこと。同課では、ヒグマの痕跡を見つけた場合は、速やかに引き返すほか、「ヒグマはとても臆病な動物と言われるので、単独行動は避け、数人でおしゃべりやラジオ、鈴などで音を鳴らし、人間が近付いていることをヒグマに伝えることも効果的」とヒグマ対策の徹底を呼びかけている。ヒグマを呼び寄せないことや環境保護から「ごみは必ず持ち帰ってください。残飯の放置は、あとから来る人を危険に陥れる行為になります」と訴えている。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...