北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

17日に川口地区に設置された「熊出没注意」の立て札

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山ブドウなど秋の山菜採りのシーズンを迎え、山に入る機会も増えることから、市農林課では「山に入る際は、十分気を付けてほしい」と注意を呼び掛けている。

 同課によると、今年度のヒグマの目撃情報は、今月17日に川口地区の国道44号で、親子のヒグマが目撃され、31件を数える。過去最多はこれまで平成21年度の28件で、記録を更新した。今年度は4月に5件の情報が寄せられたほか、毎月のように情報があり、8月には9件、今月に入り8件と、ヒグマの活動が活発化するのに合わせて目撃情報も増えている。

 特に9月以降は冬眠に向けて体に脂肪を蓄えるため捕食が活発になる時期で、山ブドウやキノコなど秋の山菜や果実などを食べるほか、そ上する秋サケなどを狙い、川岸などに出没するケースが多い。

 今年度の出没地域は、別当賀が10件と最も多く、次いで東梅の7件、川口の3件。また、半島部の友知や豊里でも各1件の目撃情報があった。8月14日には、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿を「道の駅スワン44ねむろ」の従業員が目撃。その後、春国岱駐車場の木道入り口周辺でヒグマの足跡が見つかったことから、全国からの寄付で改修した春国岱の木道「ふるさとの道」を一時利用禁止した。また、民宿の窓から室内を覗くヒグマの姿も目撃されている。

 これから実りの秋を迎え、山に入る市民も増える。一番恐ろしいのはヒグマと鉢合わせしてしまうこと。同課では、ヒグマの痕跡を見つけた場合は、速やかに引き返すほか、「ヒグマはとても臆病な動物と言われるので、単独行動は避け、数人でおしゃべりやラジオ、鈴などで音を鳴らし、人間が近付いていることをヒグマに伝えることも効果的」とヒグマ対策の徹底を呼びかけている。ヒグマを呼び寄せないことや環境保護から「ごみは必ず持ち帰ってください。残飯の放置は、あとから来る人を危険に陥れる行為になります」と訴えている。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...