北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

犠牲者の数だけイナウを立てて供養する参加者ら

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30人の関係者が参加。犠牲になった37人分のイナウ(木幣)を立て、ノツカマップの丘から海に向かって祈りを捧げながら、無念の最期を遂げた祖先を手厚く供養した。

 公益社団法人北海道アイヌ協会の根室アイヌ協会が主催し、儀式は阿寒のノツカマップ・イチャルパ実行委員会が主宰。イチャルパ(供養祭)は今年で45回目を迎え、一日目にノツカマップ、二日目に納沙布岬にある和人の墓碑「横死七十一人之墓」でそれぞれ行った。

 このうち、一日目のノツカマップでは、海を望む小高い丘に立てたイナウに酒や果物、米などを供えて犠牲者を供養した。今年は北海道アイヌ協会本部から理事の高木喜久恵さん(71)=白糠町=が初めて参加し、「犠牲者を悼むとともに、先祖に感謝し、後継者としてこれからも頑張る決意を持った」と話していた。

 この後アイヌ民族運動家で木彫家・シンガーの結城幸司さん=札幌市=がアイヌ音楽「クナシリメナシに馳せる想い」と題した講演を予定していたが、6日の胆振東部地震の影響で来根がかなわず中止となった。深夜は海に向かって叫び祈る「ケウタンケ」、翌日は納沙布岬へ移動して、和人の墓碑を前にイチャルパを行った。

 クナシリ・メナシの戦いは、寛政元年5月に和人の武力抑圧と横暴に対して国後とメナシ(現在の標津町、羅臼町付近)のアイヌ民族が平和を願って蜂起し、和人71人を殺害したことから、アイヌ指導者37人が処刑された。イチャルパは同協会が昭和49年から、年に一度の供養を続けている。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...