北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

犠牲者の数だけイナウを立てて供養する参加者ら

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30人の関係者が参加。犠牲になった37人分のイナウ(木幣)を立て、ノツカマップの丘から海に向かって祈りを捧げながら、無念の最期を遂げた祖先を手厚く供養した。

 公益社団法人北海道アイヌ協会の根室アイヌ協会が主催し、儀式は阿寒のノツカマップ・イチャルパ実行委員会が主宰。イチャルパ(供養祭)は今年で45回目を迎え、一日目にノツカマップ、二日目に納沙布岬にある和人の墓碑「横死七十一人之墓」でそれぞれ行った。

 このうち、一日目のノツカマップでは、海を望む小高い丘に立てたイナウに酒や果物、米などを供えて犠牲者を供養した。今年は北海道アイヌ協会本部から理事の高木喜久恵さん(71)=白糠町=が初めて参加し、「犠牲者を悼むとともに、先祖に感謝し、後継者としてこれからも頑張る決意を持った」と話していた。

 この後アイヌ民族運動家で木彫家・シンガーの結城幸司さん=札幌市=がアイヌ音楽「クナシリメナシに馳せる想い」と題した講演を予定していたが、6日の胆振東部地震の影響で来根がかなわず中止となった。深夜は海に向かって叫び祈る「ケウタンケ」、翌日は納沙布岬へ移動して、和人の墓碑を前にイチャルパを行った。

 クナシリ・メナシの戦いは、寛政元年5月に和人の武力抑圧と横暴に対して国後とメナシ(現在の標津町、羅臼町付近)のアイヌ民族が平和を願って蜂起し、和人71人を殺害したことから、アイヌ指導者37人が処刑された。イチャルパは同協会が昭和49年から、年に一度の供養を続けている。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス