北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

10月1日から電子版灯台カードが入手できる落石岬灯台

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードすることで入手できる。提供は10月1日から。根室管内では、納沙布岬灯台と落石岬灯台で入手できる。

 海上保安庁では日本発の洋式灯台である神奈川県の観音埼灯台が明治元年11月1日に起工してから150周年の節目に当たることから、通年で各種イベントを計画している。

 電子版灯台カードも関連行事の一環で、近年灯台愛好者の増加などで注目が集まる中、航路標識番号、位置図、灯光の届く距離、高さのほか、灯台に関する一口メモ、海の事故を起こさないためのワンポイントアドバイスなどをデジタル画像としてカード化したもの。

 歴史的価値の高い灯台を中心に、一般の人が安全に訪れることが可能な全国150基の灯台を選定し、カード化しており、第一管区内では20カ所、根室管内では納沙布岬灯台と落石岬灯台で提供が行われる。

 入手方法は灯台の門扉等に掲示されているQRコードを携帯電話やスマートフォンなどで読み込み、電子データをダウンロードする。納沙布岬灯台は7月から敷地内で工事が行われており、立入禁止措置が取られているため、工事期間中は、立入禁止となっている敷地の前面の北側に看板を設置。落石灯台は灯台出入り口扉にQRコードが提示される。

 根室海保では「これを機会に灯台の役割や個性などを知ってもらい、地元の灯台はもちろん、旅行などの際にも一カ所でも多くの灯台を見てカードを入手して興味を持ってほしい」と話している。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...