北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

10月1日から電子版灯台カードが入手できる落石岬灯台

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードすることで入手できる。提供は10月1日から。根室管内では、納沙布岬灯台と落石岬灯台で入手できる。

 海上保安庁では日本発の洋式灯台である神奈川県の観音埼灯台が明治元年11月1日に起工してから150周年の節目に当たることから、通年で各種イベントを計画している。

 電子版灯台カードも関連行事の一環で、近年灯台愛好者の増加などで注目が集まる中、航路標識番号、位置図、灯光の届く距離、高さのほか、灯台に関する一口メモ、海の事故を起こさないためのワンポイントアドバイスなどをデジタル画像としてカード化したもの。

 歴史的価値の高い灯台を中心に、一般の人が安全に訪れることが可能な全国150基の灯台を選定し、カード化しており、第一管区内では20カ所、根室管内では納沙布岬灯台と落石岬灯台で提供が行われる。

 入手方法は灯台の門扉等に掲示されているQRコードを携帯電話やスマートフォンなどで読み込み、電子データをダウンロードする。納沙布岬灯台は7月から敷地内で工事が行われており、立入禁止措置が取られているため、工事期間中は、立入禁止となっている敷地の前面の北側に看板を設置。落石灯台は灯台出入り口扉にQRコードが提示される。

 根室海保では「これを機会に灯台の役割や個性などを知ってもらい、地元の灯台はもちろん、旅行などの際にも一カ所でも多くの灯台を見てカードを入手して興味を持ってほしい」と話している。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...