北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

リゾクトニア菌の新グループ発見 道南農試・三澤さん 国内20年ぶり【北斗】

国際誌の表紙に採用される写真が載った論文を手にする三澤さん

 【北斗】道総研道南農試研究主任の三澤知央さん(45)が、土壌中に生息する植物病原菌「リゾクトニア菌」について、新グループ(DNAに基づく分類群)を発見した。国内で新グループが見つかったのは20年ぶりで、北海道に由来し「Clade(クレード)HK」と命名。論文が11月発行の日本植物病理学会の国際誌「ジャーナル・オブ・ゼネラル・プラント・パソロジー」に掲載され、インパクトのある論文として表紙への採用も決まった。

 三澤さんは2004年に道南農試に赴任後、06年からリゾクトニア菌の研究に心血を注いだ。イネ紋枯病やジャガイモ黒あざ病、テンサイ根腐病など多くの植物病害を引き起こす重要病原で、世界には約30グループ、日本には18グループが分布しているという。三澤さんが全国各地の菌を調査したところ、新グループ菌は現段階で北海道にのみ生息していたため、クレードHKというグループ名を付けた。

 三澤さんが筆頭著者を務めた論文が同誌に載るのは今回で10回目で、英文8ページで研究成果が紹介される。論文は8月31日にウェブ上で公開済みで、同誌には1号あたり約10本の論文が掲載されるが、強烈な印象を与えたとして初めて表紙に起用される。

 日本では「Subset(サブセット)1」(従来菌)というグループが存在する。三澤さんによると、従来菌の培養菌叢(ばいようきんそう)(培地上で培養した際の見た目)は明瞭な輪紋を形成するが、クレードHKは輪紋が不明瞭~未形成。また、クレードHKは30度(高温)での菌糸の生育が従来菌より良好で、従来菌とDNAの塩基配列が2~3%異なることが分かった。

 三澤さんは今回の発見について「『従来菌より病原性が強い』『感染できる作物の範囲が広い』など農家にとってデメリットになる性質はない」と強調した上で「病害診断を手掛ける研究者や技術者に役立つ」と話す。北海道以外でのクレードHK菌の分布に関し、自ら調査することは困難なため、論文を読んだ他県の研究者の間で調査が広がればと期待している。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...