北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

リゾクトニア菌の新グループ発見 道南農試・三澤さん 国内20年ぶり【北斗】

国際誌の表紙に採用される写真が載った論文を手にする三澤さん

 【北斗】道総研道南農試研究主任の三澤知央さん(45)が、土壌中に生息する植物病原菌「リゾクトニア菌」について、新グループ(DNAに基づく分類群)を発見した。国内で新グループが見つかったのは20年ぶりで、北海道に由来し「Clade(クレード)HK」と命名。論文が11月発行の日本植物病理学会の国際誌「ジャーナル・オブ・ゼネラル・プラント・パソロジー」に掲載され、インパクトのある論文として表紙への採用も決まった。

 三澤さんは2004年に道南農試に赴任後、06年からリゾクトニア菌の研究に心血を注いだ。イネ紋枯病やジャガイモ黒あざ病、テンサイ根腐病など多くの植物病害を引き起こす重要病原で、世界には約30グループ、日本には18グループが分布しているという。三澤さんが全国各地の菌を調査したところ、新グループ菌は現段階で北海道にのみ生息していたため、クレードHKというグループ名を付けた。

 三澤さんが筆頭著者を務めた論文が同誌に載るのは今回で10回目で、英文8ページで研究成果が紹介される。論文は8月31日にウェブ上で公開済みで、同誌には1号あたり約10本の論文が掲載されるが、強烈な印象を与えたとして初めて表紙に起用される。

 日本では「Subset(サブセット)1」(従来菌)というグループが存在する。三澤さんによると、従来菌の培養菌叢(ばいようきんそう)(培地上で培養した際の見た目)は明瞭な輪紋を形成するが、クレードHKは輪紋が不明瞭~未形成。また、クレードHKは30度(高温)での菌糸の生育が従来菌より良好で、従来菌とDNAの塩基配列が2~3%異なることが分かった。

 三澤さんは今回の発見について「『従来菌より病原性が強い』『感染できる作物の範囲が広い』など農家にとってデメリットになる性質はない」と強調した上で「病害診断を手掛ける研究者や技術者に役立つ」と話す。北海道以外でのクレードHK菌の分布に関し、自ら調査することは困難なため、論文を読んだ他県の研究者の間で調査が広がればと期待している。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス