北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トーチカ 実物大 市民ギャラリーコラボ作品展【帯広】

トーチカの実物大模型をはじめ俳句、写真などの作品が並ぶ会場と出品者ら

 コンクリート製の防御陣地「トーチカ」をテーマに、建築や書道、写真などの異なるジャンルのアーティストがコラボした「Freedom of expression(表現の自由)」展が20日、帯広市民ギャラリー(JR帯広駅地下)で始まった。トーチカの実物大模型をメインに、写真や地図など十勝に残る戦争の遺跡を知ることができる。25日まで。

 十勝の作家たちのグループ「T・A・L(Tokachi Art Links)」(古川こずえ代表)の主催。トーチカは太平洋戦争末期に米軍上陸に備えて造られ、管内では広尾町から浦幌町にかけて30基以上が見つかっている。

 実物大模型は高さ2.7メートル、幅3.6メートル、奥行き5.2メートルの大樹町旭浜に残る1基を再現。段ボール約800枚を使い、旭浜の砂利を混ぜた塗料を塗った。中に入り、敵を迎え撃つ小窓のような「銃眼」から外を見ることもできる。

 会場には、写真家山下僚さんが撮影した管内のトーチカと地図、トーチカの研究を続ける小野寺一彦さんの説明を書家の八重柏冬雷さんがしたためた横8.5メートル、縦2.8メートルの大作、高橋玄禅さん、白石弥生さん、写真の古川さん、現代アートの阿部安伸さん、俳句の安田豆作さん、郷土史の飛岡久さん、伊藤昭廣さんの作品が並ぶ。

 八重柏さんは「アートと融合したことで、トーチカに関心を持つ力になれば」と話す。23日午後1時半からフォーラム「物言わぬ遺跡が語るもの」、24日午後1時半からはサミットが開かれる。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...