北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トーチカ 実物大 市民ギャラリーコラボ作品展【帯広】

トーチカの実物大模型をはじめ俳句、写真などの作品が並ぶ会場と出品者ら

 コンクリート製の防御陣地「トーチカ」をテーマに、建築や書道、写真などの異なるジャンルのアーティストがコラボした「Freedom of expression(表現の自由)」展が20日、帯広市民ギャラリー(JR帯広駅地下)で始まった。トーチカの実物大模型をメインに、写真や地図など十勝に残る戦争の遺跡を知ることができる。25日まで。

 十勝の作家たちのグループ「T・A・L(Tokachi Art Links)」(古川こずえ代表)の主催。トーチカは太平洋戦争末期に米軍上陸に備えて造られ、管内では広尾町から浦幌町にかけて30基以上が見つかっている。

 実物大模型は高さ2.7メートル、幅3.6メートル、奥行き5.2メートルの大樹町旭浜に残る1基を再現。段ボール約800枚を使い、旭浜の砂利を混ぜた塗料を塗った。中に入り、敵を迎え撃つ小窓のような「銃眼」から外を見ることもできる。

 会場には、写真家山下僚さんが撮影した管内のトーチカと地図、トーチカの研究を続ける小野寺一彦さんの説明を書家の八重柏冬雷さんがしたためた横8.5メートル、縦2.8メートルの大作、高橋玄禅さん、白石弥生さん、写真の古川さん、現代アートの阿部安伸さん、俳句の安田豆作さん、郷土史の飛岡久さん、伊藤昭廣さんの作品が並ぶ。

 八重柏さんは「アートと融合したことで、トーチカに関心を持つ力になれば」と話す。23日午後1時半からフォーラム「物言わぬ遺跡が語るもの」、24日午後1時半からはサミットが開かれる。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...