北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫東厚真発電所の被害状況説明 北電、内部を報道陣に公開

地震で出火した4号機タービンについて説明する北電社員

 北海道電力は20日、胆振東部地震で設備被害を受けた苫東厚真火力発電所(厚真町浜厚真、出力165万キロワット)を報道陣に公開した。6日の地震発生当日に電力供給がストップした同発電所は、19日に1号機(出力35万キロワット)が13日ぶりに再稼働。現在、蒸気タービンなどの修復作業が行われている2号機(同60万キロワット)、4号機(同70万キロワット)について同社は「一日も早い復旧を目指したい」とした。

 同社火力企画グループの菅原岳宏課長が記者団への説明に当たり、「1号機が2本、2号機は12本でそれぞれ配管が破損したほか、4号機は蒸気タービンから出火があった」と述べた。復旧した1号機に関しては、地震の影響で発電用の蒸気をつくるための水配管(直径45ミリ、肉厚5ミリ)が破損したとし、公開された配管には亀裂が確認できた。

 一方、2号機はボイラーの点検作業を終え、再稼働に向けて蒸気タービンを毎分3000回転で試運転中。被害が最も大きかった4号機はタービンの軸受け曲がりなどを確認するため、モーター駆動で毎分2、3回転の速度で試験運転している

 復旧作業は同発電所の職員約140人のほか、協力会社などを含め約730で進めている。2号機は10月中旬以降、4号機は11月以降の再稼働を目指している。

 1号機の再稼働で35万キロワットの電力供給が可能となり、地震前日のピーク需要を上回る供給力を確保できるようになった。これにより同社は、電力需要の1割減としていた節電要請を19日に解除した。

地震で破損した北電苫東厚真発電所1号機の配管

関連記事

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...