北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室清水高出身で日本画家・小島さんが作品展【室蘭】

23日まで開かれている小島さんの日本画展

 きょう22日に開かれる室蘭清水丘高校(菅原和良校長)の創立100周年記念式典に合わせ、14期生で日本美術院特待の日本画家、小島和夫さん(72)=東京都在住=の日本画展が21日、室蘭市中央町の蘭西ギャラリーで始まった。風景や人物、建造物などを描いた日本画、油彩画が展示され、多くの来場者の目を楽しませている。

 小島さんは1945年(昭和20年)生まれ、室蘭市出身。室清水を卒業し、東京藝大美術学部で日本画を専攻した。日本画の大家である故平山郁夫氏に師事。日本美術院展覧会(院展)で複数作が入賞。現在は同院特待である。

 会場には日本画16点、油彩画1点を展示。昨年初めて船に 乗って渡った大黒島で見た景色を日本画に表現した「月明大島」は、月明かりで照らされる灯台を描いた。高校2年生のときに描いた油彩画「室蘭風景」も飾られている。来場者たちは、柔らかいタッチと色鮮やかな絵画をじっくりと鑑賞している。

 23日まで。時間は午前10時~午後5時。入場無料。

ふるさと大使に就任

青山市長から委嘱状を受け取る小島さん(右)

 日本画家の小島和夫さんが21日、35人目の室蘭ふるさと大使に就任した。小島さんは、室蘭清水丘高校の菅原和良校長、創立100周年記念式典協賛会の芝垣美男会長とともに室蘭市役所を訪問し、青山剛市長から委嘱状と名刺を受け取った。

 青山市長は「古里である室蘭に尽力していただきありがとうございます」と感謝を述べた。小島さんは「たくさんの外国の景色を見てきたが、室蘭の風景はやはり素晴らしいと実感しました。私の絵の原点は室蘭にある。今後は室蘭をテーマにした日本画を描き、多くの展覧会で古里をPRしたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

24日に文化・スポーツの祭典、プログラム決まる【室蘭】

 24日に室蘭市体育館で行われる第11回文化・スポーツの祭典のプログラムが決まった。今回は室蘭和太鼓會の和太鼓演奏を皮切りに多彩な演目が披露される。  祭典は室蘭市体育協会(村木一夫会長)と...

室蘭民報

必見、古来の技術…たたらの会が展示会【登別】

 室蘭・登別たたらの会(石崎勝男代表)のたたら製鉄展示会が23日まで、登別市中央町の市立図書館で開会。写真や同会の活動で砂鉄から生成した粗鋼「鉧(けら)」を展示し、日本古来の製鉄技術を紹介して...

室蘭民報

熱戦間近…23日開幕の国際雪合戦準備着々【壮瞥】

 壮瞥町の冬の一大イベント・昭和新山国際雪合戦が23、24の両日、同町の昭和新山山麓特設会場で開かれる。本番に向け実行委やボランティアによる会場設営が着々と進んでいる。31回目を迎える今大会に...

室蘭民報

23日「工場夜景の日」に合わせイベント【室蘭】

 2月23日の「工場夜景の日」に合わせ、室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)は記念イベントを実施している。写真パネル展やカードの配布などを行い、観光客らに夜の室蘭の魅力を伝えている。  「工場...

名寄新聞

「星空とともに」・3月9、10日なよろ天文台で上映【名寄】

 プラネタリウム番組「星空とともに」の特別投影が、3月9、10の両日午後3時と午後5時からなよろ市立天文台「きたすばる」で行われる。  2011年3月11日発生の東日本大震災から8年となるが、こ...