北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室清水高出身で日本画家・小島さんが作品展【室蘭】

23日まで開かれている小島さんの日本画展

 きょう22日に開かれる室蘭清水丘高校(菅原和良校長)の創立100周年記念式典に合わせ、14期生で日本美術院特待の日本画家、小島和夫さん(72)=東京都在住=の日本画展が21日、室蘭市中央町の蘭西ギャラリーで始まった。風景や人物、建造物などを描いた日本画、油彩画が展示され、多くの来場者の目を楽しませている。

 小島さんは1945年(昭和20年)生まれ、室蘭市出身。室清水を卒業し、東京藝大美術学部で日本画を専攻した。日本画の大家である故平山郁夫氏に師事。日本美術院展覧会(院展)で複数作が入賞。現在は同院特待である。

 会場には日本画16点、油彩画1点を展示。昨年初めて船に 乗って渡った大黒島で見た景色を日本画に表現した「月明大島」は、月明かりで照らされる灯台を描いた。高校2年生のときに描いた油彩画「室蘭風景」も飾られている。来場者たちは、柔らかいタッチと色鮮やかな絵画をじっくりと鑑賞している。

 23日まで。時間は午前10時~午後5時。入場無料。

ふるさと大使に就任

青山市長から委嘱状を受け取る小島さん(右)

 日本画家の小島和夫さんが21日、35人目の室蘭ふるさと大使に就任した。小島さんは、室蘭清水丘高校の菅原和良校長、創立100周年記念式典協賛会の芝垣美男会長とともに室蘭市役所を訪問し、青山剛市長から委嘱状と名刺を受け取った。

 青山市長は「古里である室蘭に尽力していただきありがとうございます」と感謝を述べた。小島さんは「たくさんの外国の景色を見てきたが、室蘭の風景はやはり素晴らしいと実感しました。私の絵の原点は室蘭にある。今後は室蘭をテーマにした日本画を描き、多くの展覧会で古里をPRしたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

29、30日の室工大・明徳祭に向け赤フンが連夜声からす【室蘭】

 室蘭工業大学の学生寮・明徳寮の寮祭「第73回明徳祭」が29、30の両日、市内水元町の明徳寮で開かれる。今年は2年ぶりに、お笑い芸人2組を招いたステージを企画。中島町内では初日の夜、恒例の「赤フ...

室蘭民報

グループホーム・タンポポ職員の2組が人前結婚式【室蘭】

 室蘭市石川町の認知症対応型共同生活介護グループホーム「タンポポ」で、施設職員2組の人前結婚式が行われた。入居者らは飾り付けを手伝い、歌をプレゼント。参加した全員が温かなひとときを過ごしていた。 ...

室蘭民報

7月6、7日の「うまかまつり」、JRに乗って行こう【安平】

250人に商品券プレゼント  「JR室蘭線に乗って、まつりに行こう」―。安平町は7月6、7の両日、町内ときわ公園で開かれる「第11回あびら夏!うまかまつり」で、JRを利用して訪れた来場者(両日合わせ...

室蘭民報

見応えある144点、「一期会」が作品展【室蘭】

 美術団体「一期会」北海道支部の作品展が23日、室蘭市中央町のスーパーアークス室蘭中央店で始まり、多くの市民でにぎわっている。30日まで。  支部長を務める絵鞆町の画家森田哲隆さん(69)と、...

室蘭民報

オーロラLCが初独自イベント、善意の「夏フェス」【室蘭】

 室蘭オーロラライオンズクラブ(室蘭オーロラLC、工藤大拓会長)の「夏フェス」が23日、室蘭市中島町の中島お元気広場で開かれ、親子連れらでにぎわいをみせた。  昨年2月に結成された室蘭オーロラ...