北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、地震の犠牲に

中村さんが大事に育てたアカジソの葉をそっと摘み取る高齢者ら=21日

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子さん(65)が生前、ジュースにして入所者に飲んでもらおうと丹精込めて育て上げたもの。職員らがその意志を受け継いでジュースを作って入所者に振る舞い、中村さんをしのんだ。

 「ちょうどいい味でおいしい。いつもと一緒だね」。21日午後、やわらぎのリビングに集まった高齢者がワイン色のシソジュースをコップで味わいながら、口々に話した。

 甘みと酸味のバランスが取れたシソジュースは、同施設の夏の定番。レシピは中村さんが考えた。糖尿病を患う高齢者を気遣い、糖分は抑え気味で、甘さ控えめの優しい味わい。砂糖とクエン酸の絶妙な配分がおいしさの決め手だ。

 中村さんは4~5年前から敷地内の畑でシソを栽培し、ジュースにして高齢者に振る舞ってきた。同じく今回の地震で亡くなった夫の初雄さん(67)が農家だったので、野菜や果物作りはお手のもの。敷地内の約1000平方メートルの畑でトマトやカボチャをはじめ、さまざまな農作物を入所者と共に育て、収穫してきた。

 今年はシソの葉を6日午後に摘み取る予定だったが、同日未明に起きた大地震でそれどころではなくなった。加えて中村さん一家の不慮の死。施設長の加藤恒光さん(68)は「故人が育てていた大切なものなので、いつ収穫するか迷っていた」と振り返る。

 柔らかい日差しを感じた21日の朝、入所者と一緒にシソの葉を摘み取る決心がついた。同日午後に職員と入所者ら計7人が、畑の高さ50~60センチの茎に付いた葉を一枚一枚手で収穫。籠は約900グラムの葉でいっぱいになった。

 台所で丁寧に水洗いし、鍋いっぱいの水に入れ込み、煮出した。水は徐々に赤紫に色づく。シソの酸っぱい香りが室内に漂った。施設の介護福祉士、山下直樹さん(48)は「この香りで中村さんを思い出す」と言う。

 葉から色が抜け落ちたら、煮汁を2~3回こした。弱火でグラニュー糖とクエン酸を振り掛け、お玉で円を描きながら職員と入所者がゆっくりかき混ぜ、何度も味見しながら味を調えた。

 収穫から1時間ほどで鮮やかなワインレッドの原液が完成。職員が保存用のペットボトルに注いだ。施設では水と合わせて飲むためだ。氷を入れて飲むと、冷たくて甘みと酸味が調和したすっきりとした味わいに。高齢者たちに笑顔が広がった。

 加藤さんは「大事な人を亡くした。入所者に優しく、高齢者と共に一生懸命育ててくれた。中村さんの思いをシソジュースに託し、来年以降も続けたい」と話した。

高齢者に優しく接した生前の中村さん(右)=7月26日(厚真町社会福祉協議会提供)

関連記事

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...

釧路新聞

秋サケつかみに悪戦苦闘/昆布森みなとまつり【釧路町】

 地元の新鮮な魚介類を楽しめる第30回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が21日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが多数訪れ、食と催しを堪能した。  恒例の秋サケつ...

函館新聞

「昇平丸」海底調査を開始 上ノ国で150年前に沈没【上ノ国】

 【上ノ国】1870(明治3)年に町大安在浜沖で座礁し沈没した、薩摩藩が建造した洋式軍艦「昇平丸(しょうへいまる)」の海底調査が20日、始まった。初日は文化庁が委託した調査チームが音波探査機を使...