北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

国重文の遺愛本館を清掃 110年の感謝を込めてOGが奉仕【函館】

映画など数多くの映像作品にも登場するY字階段を清掃する参加者

 2019年度から大規模な改修工事を予定している函館市杉並町の国重要文化財「遺愛学院本館」で24日、遺愛卒業生有志による清掃活動が行われた。午前10時からの作業に28人が参加。110年分の思い出が刻まれた校舎に感謝の気持ちを持って、奉仕に汗を流した。

 同学院は、1874(明治7)年に始まり、本館は遺愛女学校が元町から移転した1908(同41)に完成した木造2階建てで、軍に接収された太平洋戦争末期の一時期を除いて、現役の校舎として使われた。2001年に設計当初の資料が発見され、04年に重文に指定された。工事では校舎を一度解体して復元する内容となり、創立150周年となる24年度の完成を目指している。

 現在、本館にあった校長室や職員室などは仮設の建物に移転済み。10月にも事前の調査が始まるため、清掃活動を呼び掛けた藤田道子さん(62)は「先輩たちに思いをはせたとき、女学校の校舎がほこりまみれのままではしのびないと思った」と話す。

 久しぶりに校舎に足を踏み入れたOGも多く、床を掃いたり、窓枠を拭いたりしながら、在学中の思い出話にも花を咲かせた。毎月1回、旧宣教使館の清掃も続けるホワイトハウスの会の9人も参加。前田京子さん(81)は「校舎内の独特のにおいがあって懐かしい気持ちになる。昔と同じでぴかぴかのままです。地元にいてこうしたお手伝いができることに感謝します」と話していた。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...