北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

年度内に庁内WG 函館市が事務のAI・ICT化で【函館】

 函館市は、行政事務でのAI(人工知能)・ICT(情報通信技術)化の考え方をまとめた。行政事務のあらゆる分野でAIやICTを活用することで、大幅な業務効率化を実現し正職員の採用者数を抑制する狙い。今年度は、手始めに庁内ワーキンググループを年内に立ち上げる計画だ。

 市は急速な人口減に伴い、段階的な正職員の採用者数の抑制が必要になっている。一方、市民ニーズは多様化・高度化しており、職員一人あたりの業務は複雑かつ広範になる傾向がある。市は、採用予定者数について現行の60人規模から2035年度には30人程度まで減らす推計を公表している。

 早期の導入が見込まれる庁内共通事務、各部局所管事務のICT化から着手する。共通事務では、現在は紙ベースで記録している時間外勤務などの給与管理、出勤簿・休暇承認などの勤務管理、出張旅費支給などの旅費事務を、職員個人がパソコンから直接入力・申請する。各部局所管では、自動処理技術(RPA)導入による定型業務の自動化、コンビニエンスストアや窓口での証明書の自動交付、各種申請手続きの電子化、本庁・支所窓口間でのテレビ電話の活用について検討を働き掛ける。

 中長期的な視点で検討するものとして、AIロボットによる電話・窓口での問い合わせ対応、ごみ収集車や除雪車の自動走行、申請書類審査業務を挙げた。

 AIの導入拡大に向け、膨大なデータの蓄積・整備にも段階的に取り組む。

 市が策定した市行財政改革プラン(2017~21年度)」や「はこだて未来AIビジョン」でも、行政事務のAIやICTの有効活用を盛り込んでいる。

 行政事務の改革は、業務効率化やコスト削減効果が大きいため、浮いた時間やコストを重要な業務に投入し、住民サービス向上につながると期待される。

 市行政改革課は「民間に比べ、行政サービスのAI・ICT化は進んでいない。できる範囲から導入し、将来的に拡充したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...

室蘭民報

「広報のぼりべつ」の表紙写真が道コンクールで入選【登別】

 登別市の広報誌「広報のぼりべつ」2018年11月号の表紙を飾った写真が、第65回北海道広報コンクールの一枚写真・市町村の部に入選した。雨の中、元気いっぱい走る子どもたちがたすきをつなぐ瞬間を...

室蘭民報

旧カルルス鉱山坑道跡に厳寒の造形「巨大氷筍」【登別】

 氷のタケノコ、と書いて氷筍(ひょうじゅん)。厳寒の一時期だけ姿を見せる芸術品は、天井から落ちた水が瞬時に凍り付き、繰り返すことで上部ににょきにょきと成長していく。硬い岩盤を突き破ったかの...