北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

鉄鋼業の祖に思いはせ着物、はかま姿でまち歩き【室蘭】

明治や大正時代を醸し出す服装でまちを歩き、昔の室蘭に思いをはせる参加者

 むろらん100年建造物保存活用会(村田正望代表理事)が主催、室蘭民報社などが後援する室蘭の鉄鋼業の祖・井上角五郎の没後80年記念イベント「角ちゃん祭り2018」が24日、海岸町の旧室蘭駅舎をメイン会場に開かれた。参加者は講演やまち歩きを通し、明治や大正の室蘭に思いをはせた。

 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団(岩見沢市)の吉岡宏高理事長が、「炭鉄港 室蘭をめぐる人物を俯瞰(ふかん)してみると」をテーマに講演。「歴史は時代とともに薄れ、見えなくなってしまうことがある。拾い上げ、地域資源としてうまく使ってほしい」と締めくくった。参加者の室蘭市水元町の原えりかさん(37)は「歴史への興味が増しました」と話した。

 後半は角五郎のほか、坂本龍馬や伊藤博文といった偉人のお面を付け、着物やはかま姿でまちを歩いた。旧三菱合資会社室蘭出張所(緑町)などを回り、今でも残る昔のまちの面影を見つけた。母と浴衣で参加した水元小5年の藤田紗雪さん(10)は「昔の室蘭がどんなまちだったのか実際に見たくなった」と話していた。

 旧駅舎では昼食時に「角ちゃんの角煮丼」を販売。購入者はとろとろの角煮を頬張り、イベントを楽しんでいた。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...