北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アイヌ文化 体験で理解 大谷短大で学習会【音更】

指導を受けながらムックリの演奏に挑戦する参加者

 アイヌ文化の伝承と正しい理解の普及を目的に、トカプチアイヌ協会(帯広、笹村二朗会長代行)は昨年から、広く一般にアイヌについて学ぶ機会を提供する事業に取り組んでいる。24日には帯広大谷短期大学を会場に、学ぶ会「ともにあるアイヌ文化」を開催。地域住民ら約50人が参加し、古式舞踊やムックリ(口琴)の体験を通して歴史と伝統に思いをはせた。

 同協会はアイヌ文化の保存と伝承、発展を目指して活動するNPO法人。学ぶ会は昨年、浦幌町で開いて好評を得、2年目の今年は音更町の同短大での開催となった。

 実施に当たっては、十勝で唯一、国の無形民俗文化財に指定され、2009年にはユネスコ無形文化財にも登録されている帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)が協力している。

 24日の学ぶ会では、開会式で笹村会長代行が「ただ踊りを見せるのではなく、体験を通して理解してもらうのがこの会。楽しみながらアイヌ文化に触れて」とあいさつ。

 参加者は同保存会のメンバー11人の指導で、歌に合わせ、仲間たちに共に踊るよう呼び掛ける「ウタリオプンパレワ」(輪踊り)や、和人から絹の布地で作られた衣服をもらった際の喜びを表現した「サランベ」、さらにはムックリの音の鳴らし方を学んだ。

 終盤では、1937~38年に十勝地方でのバッタが大発生した時に作られたという「バッタキウポポ」を全員で踊り、会場は一体感に包まれた。

 保存会の酒井会長は「恥ずかしさからか、開始時には積極的ではなかった参加者も、後半は盛り上がっていた。踊りやムックリは難しさもあるが、アイヌ文化を知るきっかけになればうれしい」と話した。

 11月には浦幌町でも開催を予定している。

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...