北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アイヌ文化 体験で理解 大谷短大で学習会【音更】

指導を受けながらムックリの演奏に挑戦する参加者

 アイヌ文化の伝承と正しい理解の普及を目的に、トカプチアイヌ協会(帯広、笹村二朗会長代行)は昨年から、広く一般にアイヌについて学ぶ機会を提供する事業に取り組んでいる。24日には帯広大谷短期大学を会場に、学ぶ会「ともにあるアイヌ文化」を開催。地域住民ら約50人が参加し、古式舞踊やムックリ(口琴)の体験を通して歴史と伝統に思いをはせた。

 同協会はアイヌ文化の保存と伝承、発展を目指して活動するNPO法人。学ぶ会は昨年、浦幌町で開いて好評を得、2年目の今年は音更町の同短大での開催となった。

 実施に当たっては、十勝で唯一、国の無形民俗文化財に指定され、2009年にはユネスコ無形文化財にも登録されている帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)が協力している。

 24日の学ぶ会では、開会式で笹村会長代行が「ただ踊りを見せるのではなく、体験を通して理解してもらうのがこの会。楽しみながらアイヌ文化に触れて」とあいさつ。

 参加者は同保存会のメンバー11人の指導で、歌に合わせ、仲間たちに共に踊るよう呼び掛ける「ウタリオプンパレワ」(輪踊り)や、和人から絹の布地で作られた衣服をもらった際の喜びを表現した「サランベ」、さらにはムックリの音の鳴らし方を学んだ。

 終盤では、1937~38年に十勝地方でのバッタが大発生した時に作られたという「バッタキウポポ」を全員で踊り、会場は一体感に包まれた。

 保存会の酒井会長は「恥ずかしさからか、開始時には積極的ではなかった参加者も、後半は盛り上がっていた。踊りやムックリは難しさもあるが、アイヌ文化を知るきっかけになればうれしい」と話した。

 11月には浦幌町でも開催を予定している。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...