北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

道の駅ウトナイ湖入り口に掲示されたNOMORE自粛のロゴ入りポスター

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつある。客足回復を願って、店舗が自主的にロゴ入りポスターを店頭に掲示したり、被災地の特産品を売り出すなどし、地震からの復興を後押ししている。

 「NOMORE自粛」は東日本大震災の時、仙台市のNPO法人ファイブブリッジが始めた運動。ロゴは同市のデザイン会社リード・サインが制作した。運動は当時、東北を中心に広がり、自粛ムード払拭(ふっしょく)に一役買った。

 胆振東部地震後、同社の同意を得て、有志が「東北復興」の文字を「北海道復興」にアレンジしたロゴがインターネット上で、無料コピーされるようになり、道内の飲食店などで広く活用され始めている。

 市内植苗の道の駅ウトナイ湖では、13日から施設の入り口や壁に「経済回して北海道復興!NOMORE自粛」のロゴ入りポスターを張り出した。地震直後の週末は入り込みが半減するなど大きな打撃を受けたが、22、23の両日、毎年恒例の雑貨市うとないまるしぇを開催。出店者からは「地震発生から2週間で、こうしたイベントを開いてよいものか」といった疑問の声も出されたが、道の駅の西村宏基駅長(51)は「お祭り騒ぎをするわけではなく、地震の被害が比較的少なかった苫小牧から北海道の元気を発信したい」と開催を決断。結果、被災地・むかわ町からも木工作の店が出店し、玩具や小物を販売するなど道内各地から50店舗が集い、観光客らでにぎわいを見せた。

 神奈川県から旅行で道の駅を訪れた主婦(33)は「ノーモア・ジシュクはとてもいいことだと思う。商品を買って少しでも北海道の役に立てば」と語った。道の駅では、施設内に厚真町、むかわ町、安平町、苫小牧市の農産物や酒類など特産品を置く復興支援コーナーも設置している。

 市内弥生町の宮永商店も15日から「NOMORE自粛」のポスターを店内に掲示。同店は地震発生以前から、むかわ町産の米や豆、厚真産の米と苫小牧の水を使った日本酒の美苫、安平町の卵などを扱ってきたが宮永玲子店長(64)は「被災地の商品をより多く売って、少しでも復興の支援につなげたい」と意気込む。

 市内錦町の創作四川料理廣明では、インターネットの交流サイト(SNS)で「NOMORE自粛」を呼び掛けている。佐藤朗暢オーナーシェフ自らがポスターを持った写真をインターネット上に掲載。「地震で皿が割れたり、宴会のキャンセルが相次ぐなど店にも被害が出た」としながらも「ここで自粛していてはだめ。経済を回すことが復興につながる」と力説。26日からは、むかわ町のシカ肉やシイタケ、厚真町のハスカップなどを使ったメニューを出して被災地を応援する考えだ。

関連記事

室蘭民報

成道会講演会で釈迦の教え伝える【室蘭】

 室蘭仏教会(会長・飯尾哲也證誠寺住職)主催の第10回成道会講演会が8日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。圓照寺(木古内町)の仁禮秀嗣住職が釈迦(しゃか)の教えを通して人生に大切なことは何か...

室蘭民報

柔道スポーツ少年団・五十嵐が全道3冠目【伊達】

 伊達柔道スポーツ少年団(高橋清代表)の五十嵐大陸(伊達中2年)が、第9回十勝カップ秋季柔道大会(新得町)の個人戦中2の部で優勝した。今年は全道大会で3冠。最高の結果で2018年を締めくくり、...

室蘭民報

手作り講座で和気あいあい健康おせち【伊達】

 料理教室や健康に関するミニ講座「食育・健康ウィーク」の「簡単!手作りおせち」が8日、伊達市梅本町の食育センターで開かれ、参加した市民ら約20人がお手軽レシピを学んだ。  食と健康を結び付け...

室蘭民報

ようやく冬将軍到来、冬物商戦が本格化【室蘭】

 室蘭地方は12月に入り、ようやく冬の寒さが到来。室蘭市内のホームセンターや衣料品店では、除雪用品やストーブ、コートやニットなどの品ぞろえが充実し、冬支度をする市民が買い求めている。各店舗に売...

室蘭民報

Xマスリース講座が人気、北RCが初企画【室蘭】

 室蘭北ロータリークラブ広報委員会(加藤栄吉委員長)が主催するリース作り講座が6日夜、市内中島町のほんまビルで行われ、会員や家族たちが、クリスマスリース作りに挑戦した。  会員の家族にもRC...