北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

道の駅ウトナイ湖入り口に掲示されたNOMORE自粛のロゴ入りポスター

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつある。客足回復を願って、店舗が自主的にロゴ入りポスターを店頭に掲示したり、被災地の特産品を売り出すなどし、地震からの復興を後押ししている。

 「NOMORE自粛」は東日本大震災の時、仙台市のNPO法人ファイブブリッジが始めた運動。ロゴは同市のデザイン会社リード・サインが制作した。運動は当時、東北を中心に広がり、自粛ムード払拭(ふっしょく)に一役買った。

 胆振東部地震後、同社の同意を得て、有志が「東北復興」の文字を「北海道復興」にアレンジしたロゴがインターネット上で、無料コピーされるようになり、道内の飲食店などで広く活用され始めている。

 市内植苗の道の駅ウトナイ湖では、13日から施設の入り口や壁に「経済回して北海道復興!NOMORE自粛」のロゴ入りポスターを張り出した。地震直後の週末は入り込みが半減するなど大きな打撃を受けたが、22、23の両日、毎年恒例の雑貨市うとないまるしぇを開催。出店者からは「地震発生から2週間で、こうしたイベントを開いてよいものか」といった疑問の声も出されたが、道の駅の西村宏基駅長(51)は「お祭り騒ぎをするわけではなく、地震の被害が比較的少なかった苫小牧から北海道の元気を発信したい」と開催を決断。結果、被災地・むかわ町からも木工作の店が出店し、玩具や小物を販売するなど道内各地から50店舗が集い、観光客らでにぎわいを見せた。

 神奈川県から旅行で道の駅を訪れた主婦(33)は「ノーモア・ジシュクはとてもいいことだと思う。商品を買って少しでも北海道の役に立てば」と語った。道の駅では、施設内に厚真町、むかわ町、安平町、苫小牧市の農産物や酒類など特産品を置く復興支援コーナーも設置している。

 市内弥生町の宮永商店も15日から「NOMORE自粛」のポスターを店内に掲示。同店は地震発生以前から、むかわ町産の米や豆、厚真産の米と苫小牧の水を使った日本酒の美苫、安平町の卵などを扱ってきたが宮永玲子店長(64)は「被災地の商品をより多く売って、少しでも復興の支援につなげたい」と意気込む。

 市内錦町の創作四川料理廣明では、インターネットの交流サイト(SNS)で「NOMORE自粛」を呼び掛けている。佐藤朗暢オーナーシェフ自らがポスターを持った写真をインターネット上に掲載。「地震で皿が割れたり、宴会のキャンセルが相次ぐなど店にも被害が出た」としながらも「ここで自粛していてはだめ。経済を回すことが復興につながる」と力説。26日からは、むかわ町のシカ肉やシイタケ、厚真町のハスカップなどを使ったメニューを出して被災地を応援する考えだ。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...