北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

フェリーに積載した自走榴弾砲=25日午前6時半ごろ

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から矢臼別演習場(根室管内別海町など)まで、装軌車が公道を自走する予定だ。

 第7師団の長距離機動訓練は2011年に始まり、16年からは3年連続で計4回目。即応機動できる陸上防衛力を構築するため、陸海空の各種輸送手段を併用し、車両や人員などを長距離移動させている。特に第7師団は陸自唯一の機甲師団とあって、履帯で走る戦車など装軌車の移動が訓練でも中心になっている。

 今年は14~30日を訓練期間中、7師団の各部隊所在駐屯地から隊員約1200人、車両約450両を陸海で矢臼別演習場に移す。胆振東部地震の被災を受け、東千歳駐屯地から苫小牧港までの公道自走を自粛するなど、当初計画よりも規模を縮小した。訓練の担任官は前田忠男第7師団長、指揮官は第7特科連隊の平沢国文第2大隊長。

 24日に同駐屯地から苫小牧港・西港に、トレーラーで99式自走155ミリ榴弾(りゅうだん)砲6両、78式戦車回収車2両を移送。25日は午前6時ごろから装軌車8両、装輪車約40両を、防衛省借り上げの民間フェリー「ナッチャンworld」に積み込んだ。

 榴弾砲は昨年まで参加していた90式戦車と比べて砲身・全長は長いが、積み込み作業は比較的スムーズに1時間程度で終了。重戦力を遠隔地に迅速、円滑に運ぶノウハウを蓄積し、同日午前9時ごろに出港した。同日夕には釧路港に到着し、同日夜から26日未明に掛けて、装軌車8両などが矢臼別まで公道自走する。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...