北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

フェリーに積載した自走榴弾砲=25日午前6時半ごろ

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から矢臼別演習場(根室管内別海町など)まで、装軌車が公道を自走する予定だ。

 第7師団の長距離機動訓練は2011年に始まり、16年からは3年連続で計4回目。即応機動できる陸上防衛力を構築するため、陸海空の各種輸送手段を併用し、車両や人員などを長距離移動させている。特に第7師団は陸自唯一の機甲師団とあって、履帯で走る戦車など装軌車の移動が訓練でも中心になっている。

 今年は14~30日を訓練期間中、7師団の各部隊所在駐屯地から隊員約1200人、車両約450両を陸海で矢臼別演習場に移す。胆振東部地震の被災を受け、東千歳駐屯地から苫小牧港までの公道自走を自粛するなど、当初計画よりも規模を縮小した。訓練の担任官は前田忠男第7師団長、指揮官は第7特科連隊の平沢国文第2大隊長。

 24日に同駐屯地から苫小牧港・西港に、トレーラーで99式自走155ミリ榴弾(りゅうだん)砲6両、78式戦車回収車2両を移送。25日は午前6時ごろから装軌車8両、装輪車約40両を、防衛省借り上げの民間フェリー「ナッチャンworld」に積み込んだ。

 榴弾砲は昨年まで参加していた90式戦車と比べて砲身・全長は長いが、積み込み作業は比較的スムーズに1時間程度で終了。重戦力を遠隔地に迅速、円滑に運ぶノウハウを蓄積し、同日午前9時ごろに出港した。同日夕には釧路港に到着し、同日夜から26日未明に掛けて、装軌車8両などが矢臼別まで公道自走する。

関連記事

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...

函館新聞

野外劇テーマ曲「星のまちHakodate」暁月さんが収録【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は、戊辰戦争終結150年を記念した事業として、野外劇のテーマソング「星のまちHakodate」のCDを制作する。19日には市芸術ホ...

函館新聞

春のバル街を満喫 西部地区、71店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が19日、同地区で開かれた。肌寒い天候にもかかわらず、多くの参加者が...