北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。

 えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフィールド学習で、環境保全に参加する態度を養い環境問題への関心を高めるのが目的で、平成14年から継続して活動している。

 この日は、えりも岬の林業総合センターで日高南部森林管理署(春山邦明署長)が「日高の山で働こう―林業を支えるのも進路選択の一つ―」をテーマに、映像で山林作業をPR。

 川上松美町教育長は「フィールド学習はえりも中・高の誇り、未来永劫に続けよう」と呼び掛け、さらに来年度からえりも岬緑化が中学校教材に使用されることを紹介した。

 春山署長は「中学生のときから郷土の森づくに携われるのは誇れること。今日は苗木の生長を確かめ、さらに生い茂ったクロマツ林内に陽光を届けよう」と呼び掛けた。

 現地では、森林管理署、日高南部森林組合、町職員ら15人がサポート。えりも治山事業所の瓜田元美森林警備官から鋸の使い方や作業上の注意を聞き、6班に分かれて植樹から25年が経過して5㍍ほどに生長したクロマツ林内で作業を開始。

 生徒は、頭の高さまで小枝を1本1本丁寧に切り落とし、1時間ほどで0・2㌶の林内には柔らかな秋の陽光が差し込み、作業の効果を実感した。

 さらに、中学2年時に混合林を造成するために、カミネッコンに植えて氏名を刻んだプレートを付けたハルニレなど、広葉樹苗木の生長具合を確かめた。

枝落とし作業に励む高校生たち

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...