北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。

 道や政府は象徴空間の年間来場者目標100万人達成を掲げており、PRキャラバンは施設を広く周知するために道が主催し、母親が浦河町出身の俳優・宇梶剛士さんがPRアンバサダーに就任している。

 8月にJR札幌駅などで行われたのに続き、新ひだか町での開催が2回目。

 22日はピュアプラザでアイヌ文様の刺しゅうや缶バッジ制作の体験、静内民族文化保存会による古式舞踊ステージ、コンブシトなどのアイヌ料理試食会。

 ほか、平取町立二風谷アイヌ文化博物館のチセ(アイヌ住居)などを360度見ることができるチセVR体験などが行われ、来場者たちはアイヌ文化に触れ合っていた。

 23日は午前10時から午後5時まで静内真歌のシャクシャイン法要祭会場内で、パネル展示やチセVR体験、アイヌ民工芸品展示販売が行われる。

アイヌ文様の刺しゅうを体験する来場者たち

関連記事

室蘭民報

Xマスリース講座が人気、北RCが初企画【室蘭】

 室蘭北ロータリークラブ広報委員会(加藤栄吉委員長)が主催するリース作り講座が6日夜、市内中島町のほんまビルで行われ、会員や家族たちが、クリスマスリース作りに挑戦した。  会員の家族にもRC...

室蘭民報

共済センター合同忘年会で330人楽しいひととき【室蘭】

 室蘭市勤労者共済センター(田村伸雄理事長)の会員・家族交流合同忘年会が7日夜、市内宮の森町の蓬らい殿で開かれ、中小企業の従業員や家族ら約330人が大抽選会などを楽しんだ。  田村理事長は、...

室蘭民報

虻田神社・風水スポット愛称は「龍山道」【洞爺湖町】

 洞爺湖町青葉町の虻田神社の裏山にある風水のパワースポットにつながる山道の愛称が「龍山道(りゅうさんどう)」に決まった。山道を管理する青葉山道整備の会(大久保和幸会長)は5日、最優秀賞に選...

室蘭民報

オロフレスキー場で搬器取り付け「準備OK」【壮瞥】

 壮瞥町弁景のオロフレスキー場で7日、リフトの座席部分となる搬器を取り付ける作業が実施された。関係者がウインターシーズン本番を楽しみにしながら作業していた。今季は22日のオープンを目指している...

室蘭民報

ネコ保護団体が新拠点、施設内で譲渡会や不妊手術【登別】

 ネコの保護活動に取り組むNPO法人猫色Protectionむろらん(芳賀直美理事長)が、登別市若草町の一般住宅を購入・改装し、拠点を新たにした。150匹の保護ネコの世話や里親探しに取り組んで...