北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

日本製紙栽培ブドウ「湿原の輝夕」初出荷【釧路】

出荷前のブドウ「湿原の輝夕」を持つ安永工場長(右)

 日本製紙釧路工場(釧路市鳥取南2、安永敦美工場長)は25日、工場内の廃熱を利用し、同釧路工場所有の敷地内で温室栽培に取り組んでいるブドウ(ピオーネ)「湿原の輝(き)夕(せき)」を市内の伊藤くだもの店と丸中釧路中央青果に10房ずつ初出荷した。出荷を前に行った収穫セレモニーでは安永工場長が箱詰めするため、ブドウの茎にはさみを入れ切り取った。今週中には東京の大田市場へも10房出荷する。

ブドウ栽培は同釧路工場が鳥取南4に売電用の火力発電所を建設した所有地(24万平方㍍)で、工場の廃熱、遊休地利用の一環で3年前から栽培用のハウスを建設し行っている。現在3棟でピオーネとシャインマスカットの2種類の栽培に取り組んでいる。これまで工場内では「ぶどうプロジェクト」を立ち上げ事業化に向けて準備、検討を重ね取り組んでおり、ネーミングは工場内で公募し「湿原の輝夕」に決まった。7月13日に商標登録の出願手続きが完了している。

 この日は、ピオーネ120房のうちの20房を市内で先行して出荷。ピオーネは巨峰の血を引く食べ応えのある大きな黒いブドウ。1房約600㌘ほどで糖度は約18度。シャインマスカットはまだ出荷レベルに達していないため、来年以降の出荷を目指している。安永工場長は「初出荷にこぎつけうれしい。味も上々で、まずは市内の人たちに味わってほしい」と話していた。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...