北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

日本製紙栽培ブドウ「湿原の輝夕」初出荷【釧路】

出荷前のブドウ「湿原の輝夕」を持つ安永工場長(右)

 日本製紙釧路工場(釧路市鳥取南2、安永敦美工場長)は25日、工場内の廃熱を利用し、同釧路工場所有の敷地内で温室栽培に取り組んでいるブドウ(ピオーネ)「湿原の輝(き)夕(せき)」を市内の伊藤くだもの店と丸中釧路中央青果に10房ずつ初出荷した。出荷を前に行った収穫セレモニーでは安永工場長が箱詰めするため、ブドウの茎にはさみを入れ切り取った。今週中には東京の大田市場へも10房出荷する。

ブドウ栽培は同釧路工場が鳥取南4に売電用の火力発電所を建設した所有地(24万平方㍍)で、工場の廃熱、遊休地利用の一環で3年前から栽培用のハウスを建設し行っている。現在3棟でピオーネとシャインマスカットの2種類の栽培に取り組んでいる。これまで工場内では「ぶどうプロジェクト」を立ち上げ事業化に向けて準備、検討を重ね取り組んでおり、ネーミングは工場内で公募し「湿原の輝夕」に決まった。7月13日に商標登録の出願手続きが完了している。

 この日は、ピオーネ120房のうちの20房を市内で先行して出荷。ピオーネは巨峰の血を引く食べ応えのある大きな黒いブドウ。1房約600㌘ほどで糖度は約18度。シャインマスカットはまだ出荷レベルに達していないため、来年以降の出荷を目指している。安永工場長は「初出荷にこぎつけうれしい。味も上々で、まずは市内の人たちに味わってほしい」と話していた。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...