北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

日本製紙栽培ブドウ「湿原の輝夕」初出荷【釧路】

出荷前のブドウ「湿原の輝夕」を持つ安永工場長(右)

 日本製紙釧路工場(釧路市鳥取南2、安永敦美工場長)は25日、工場内の廃熱を利用し、同釧路工場所有の敷地内で温室栽培に取り組んでいるブドウ(ピオーネ)「湿原の輝(き)夕(せき)」を市内の伊藤くだもの店と丸中釧路中央青果に10房ずつ初出荷した。出荷を前に行った収穫セレモニーでは安永工場長が箱詰めするため、ブドウの茎にはさみを入れ切り取った。今週中には東京の大田市場へも10房出荷する。

ブドウ栽培は同釧路工場が鳥取南4に売電用の火力発電所を建設した所有地(24万平方㍍)で、工場の廃熱、遊休地利用の一環で3年前から栽培用のハウスを建設し行っている。現在3棟でピオーネとシャインマスカットの2種類の栽培に取り組んでいる。これまで工場内では「ぶどうプロジェクト」を立ち上げ事業化に向けて準備、検討を重ね取り組んでおり、ネーミングは工場内で公募し「湿原の輝夕」に決まった。7月13日に商標登録の出願手続きが完了している。

 この日は、ピオーネ120房のうちの20房を市内で先行して出荷。ピオーネは巨峰の血を引く食べ応えのある大きな黒いブドウ。1房約600㌘ほどで糖度は約18度。シャインマスカットはまだ出荷レベルに達していないため、来年以降の出荷を目指している。安永工場長は「初出荷にこぎつけうれしい。味も上々で、まずは市内の人たちに味わってほしい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

坂の魅力カレンダーに、市と工大写真部の制作進む【室蘭】

 室蘭市と室蘭工業大学写真部(山本奈央部長)は、2019年のカレンダー制作に取り組んでいる。室蘭市内の「坂」を題材に写真を撮り、まちの魅力を伝える“作品”完成を目指している。  市と同大の連携事...

室蘭民報

秋の味覚に笑顔、日鋼記念病院で炭火焼きサンマに栗ご飯【室蘭】

 旬の食材を味わってもらおうと、日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)の緩和ケア病棟で19日、「秋の味覚を楽しむ会」が開かれた。入院患者や家族がサンマやきのこ汁など旬の味を堪能した。  痛みや不安を和ら...

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...