北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「函館観光は安全」理解得る 台湾で緊急プロモーション【函館】

エバー航空で緊急プロモーションを行う片岡副市長(左から3人目)ら官民訪問団(市提供)

 胆振東部地震による風評被害で、函館市を訪れる外国人観光客の宿泊キャンセルが相次いだことを受け、19~22日、片岡格副市長や経済団体幹部らの官民訪問団が緊急プロモーションのため台湾を訪問し、一定の成果を携えて帰国した。航空会社2社と旅行会社5社に対し、平静を取り戻した函館の現状を説明し理解を得た。ただ、旅行会社では道内旅行のキャンセルが出て、売り上げにも少なからず影響したとの声が出たという。

 直行便が就航している台湾の宿泊客数は2017年度、27万8000人と国・地域別で最も多い。訪問団は片岡副市長、函館商工会議所の酒井康次専務理事、函館国際観光コンベンション協会の布谷朗専務理事、市国際観光課の数寄朗史課長の4人。エバー航空、タイガーエア台湾の航空2社のほか、康福旅行社など旅行5社も訪れた。

 一行はパソコンを持ち込み、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開中のPR動画「函館営業中!」(繁体字版)を見てもらい、地震後の市内観光に影響がないことをPRするとともに、旅行客の送客を緊急要請した。

 同課によると、航空2社は「地震の影響はそれほど大きくならない」との認識を示し、エバー航空からは旅行会社と意見交換をしたところ、北海道の旅行商品に対する消費者の安心感を取り戻す方向で一致したとの力強い言葉があった。

 一方、ある旅行会社では、旅行客のキャンセルが出て売り上げを失ったとの声もあり、風評被害の影響も少なからずあった。中華圏での旧正月「春節」の頃には元に戻るとの見方も示された。

 同課は「会社だけでなく、台湾の消費者に知ってもらう取り組みが必要。海外のメディアや旅行会社が来函する機会を捉え、函館は地震の影響がなく通常通り観光ができることをアピールしたい」としている。既に、台湾のメディアが18日に来函した際には、市が平常通りに戻った函館の情報発信に努めた。今後、来函する中国のメディアや韓国の旅行会社にも同様のプロモーションを行う。

 市は2011年3月の東日本大震災発生後の同6月、運休したソウル便の再開や、まちの安全性PRのため韓国を訪れ、官民で緊急要請活動を行っている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス