北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「函館観光は安全」理解得る 台湾で緊急プロモーション【函館】

エバー航空で緊急プロモーションを行う片岡副市長(左から3人目)ら官民訪問団(市提供)

 胆振東部地震による風評被害で、函館市を訪れる外国人観光客の宿泊キャンセルが相次いだことを受け、19~22日、片岡格副市長や経済団体幹部らの官民訪問団が緊急プロモーションのため台湾を訪問し、一定の成果を携えて帰国した。航空会社2社と旅行会社5社に対し、平静を取り戻した函館の現状を説明し理解を得た。ただ、旅行会社では道内旅行のキャンセルが出て、売り上げにも少なからず影響したとの声が出たという。

 直行便が就航している台湾の宿泊客数は2017年度、27万8000人と国・地域別で最も多い。訪問団は片岡副市長、函館商工会議所の酒井康次専務理事、函館国際観光コンベンション協会の布谷朗専務理事、市国際観光課の数寄朗史課長の4人。エバー航空、タイガーエア台湾の航空2社のほか、康福旅行社など旅行5社も訪れた。

 一行はパソコンを持ち込み、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開中のPR動画「函館営業中!」(繁体字版)を見てもらい、地震後の市内観光に影響がないことをPRするとともに、旅行客の送客を緊急要請した。

 同課によると、航空2社は「地震の影響はそれほど大きくならない」との認識を示し、エバー航空からは旅行会社と意見交換をしたところ、北海道の旅行商品に対する消費者の安心感を取り戻す方向で一致したとの力強い言葉があった。

 一方、ある旅行会社では、旅行客のキャンセルが出て売り上げを失ったとの声もあり、風評被害の影響も少なからずあった。中華圏での旧正月「春節」の頃には元に戻るとの見方も示された。

 同課は「会社だけでなく、台湾の消費者に知ってもらう取り組みが必要。海外のメディアや旅行会社が来函する機会を捉え、函館は地震の影響がなく通常通り観光ができることをアピールしたい」としている。既に、台湾のメディアが18日に来函した際には、市が平常通りに戻った函館の情報発信に努めた。今後、来函する中国のメディアや韓国の旅行会社にも同様のプロモーションを行う。

 市は2011年3月の東日本大震災発生後の同6月、運休したソウル便の再開や、まちの安全性PRのため韓国を訪れ、官民で緊急要請活動を行っている。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...