北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

縄文の豊かな森を…伊達緑丘高の1年生が植樹【伊達】

アイヌ文様刺しゅうに取り組む女性たち

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が25日、世界文化遺産の2020年国内推薦候補に決まった「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する国指定の史跡・北黄金貝塚公園(北黄金町)で、貝塚の丘に縄文時代から植えられていた樹木種の苗木を植えたり、発掘作業を体験した。

 同校は縄文時代の遺跡・稀府5遺跡の上に建設されたのをきっかけに2003年(平成15年)から毎年、縄文学習に取り組んでいる。今回は市教委の学芸員らが講師を務め、同遺跡群について説明した。

 縄文期の景観に近づくよう植樹を進める貝塚北側の丘陵地では、生徒が種まきをして同公園で育ったカシワやミズナラなどの苗木を一人1本ずつ、スコップを使って植え込んだ。

 8月の縄文まつりにボランティアとして参加するなど意欲的に学んでいる木村このみさん(16)は、「縄文は教科書で知るだけの存在でしたが、貝塚などに触れ、自分の中で身近な存在に変わりました。数十年後には豊かな森になってほしい」と話した。

 同校は、高校で教える内容を定める学習指導要領の次期改訂を見据え、本年度から「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指し、事前の学習で地域資源としての縄文文化をテーマにしたグループ協議に取り組むなど力を入れている。現在の1年生が2年生になる来年度からは、三つの分野別に縄文やジオパークを通した防災・減災、まちづくりなど、生徒が興味を持った課題をより探究できるようにするという。

関連記事

根室新聞

シーサイドマラソン 景色楽しみ快走 味覚も満喫【根室】

 第3回「最東端ねむろシーサイドマラソン~北方領土を望む~」(根室市、市教委、釧路地方陸上競技協会主催)は18日、青少年センター前をスタート・ゴールとするハーフなど5種目で行われ、道内外から参...

根室新聞

大学ジャズ研の合宿誘致 夏の練習を涼しいまちで【根室】

 根室市移住交流促進協議会の新たな取り組み「大学サークル等誘致事業」の第一弾が23日、東京電機大学モダンJAZZ研究会の受け入れで始動する。同研究会は別当賀夢原館で3泊4日の合宿を行い、25日...

根室新聞

初の「うみっこ祭り」にぎわう【根室】

 根室海洋少年団(矢川和幸団長)は、18日午前10時から根室海上保安部駐車場などを会場に「根室うみっこ祭り」を初開催した。会場ではカヌー体験や縁日コーナーなどが設けられ、訪れた家族連れなどが楽しむ...

日高報知新聞

「ベラルーシ」で国際交流【日高】

【日高】北海道代表として白(ハク)ロシアのベラルーシ共和国への友好派遣団に参加した富川高生の報告会が16日、同高体育館で開かれた。  東京電力福島第1原発事故後の翌2012年(平成24年)に始ま...

日高報知新聞

水森かおりさんが美声披露【えりも】

【えりも】えりもの夏恒例の「第46回えりもの灯台まつり」が14~16日、本町の灯台公園を主会場に開かれ、観光客やお盆の帰省客を含む2万1000人(実行委発表)が来場して、歌謡ショーや郷土芸能、バンド...