北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

縄文の豊かな森を…伊達緑丘高の1年生が植樹【伊達】

アイヌ文様刺しゅうに取り組む女性たち

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が25日、世界文化遺産の2020年国内推薦候補に決まった「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する国指定の史跡・北黄金貝塚公園(北黄金町)で、貝塚の丘に縄文時代から植えられていた樹木種の苗木を植えたり、発掘作業を体験した。

 同校は縄文時代の遺跡・稀府5遺跡の上に建設されたのをきっかけに2003年(平成15年)から毎年、縄文学習に取り組んでいる。今回は市教委の学芸員らが講師を務め、同遺跡群について説明した。

 縄文期の景観に近づくよう植樹を進める貝塚北側の丘陵地では、生徒が種まきをして同公園で育ったカシワやミズナラなどの苗木を一人1本ずつ、スコップを使って植え込んだ。

 8月の縄文まつりにボランティアとして参加するなど意欲的に学んでいる木村このみさん(16)は、「縄文は教科書で知るだけの存在でしたが、貝塚などに触れ、自分の中で身近な存在に変わりました。数十年後には豊かな森になってほしい」と話した。

 同校は、高校で教える内容を定める学習指導要領の次期改訂を見据え、本年度から「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指し、事前の学習で地域資源としての縄文文化をテーマにしたグループ協議に取り組むなど力を入れている。現在の1年生が2年生になる来年度からは、三つの分野別に縄文やジオパークを通した防災・減災、まちづくりなど、生徒が興味を持った課題をより探究できるようにするという。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...